MG ガンダムF90 火星独立ジオン軍仕様 腰部改造編

MG 1/100 F90 ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) 改造第3回目です!

前回の胸部改造に引き続き

MG 1/100 F90 ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) 改造第2回目です! 前回の頭部改造に引き続き 胸部を...

腰部を改造していきます!!

今回は可動域を増やす感じで改造していこうと思います。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フロントスカート パイプメタルパイプ化

まずは新規パーツであるフロントスカートですね。

先端部はしっかりと色分けされていますがスラスター的な造形としてはイマイチな感じ・・・

ココは2.0㎜のピンバイスにて開口し

2.0㎜のメタルパイプを差し込んでいきます。

現状は埋めておくのみで実際の接着は塗装後に行います。

スポンサードリンク



その2:フロントアーマー・スカート シャープ化 + ディティール追加

元々のF90同様スラスターの色分け含め良く出来ているフロントアーマーです。

ただ上部の赤いパーツが結構丸まった感じになっているためしっかりとエッジを出しておきたいと思います。

ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

上の写真くらいになれば上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

ココに0.3㎜のMr.ラインチゼルにて2mmほどスジボリを追加しておきます。

フロントスカートの黄色いパーツには0.3㎜のプラバンを1㎜×2㎜に細切りしたものを貼り付けててディティールアップしています。

スポンサードリンク



その3:リアスカート 分割処理

MG ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) のリアスカートは残念なことにリアスカートが皇帝式です。

ココはエッチングソーにてカットし可動式にしておきます。

上の写真の赤点線部にてカットですね。

カット後の側面はどうしても穴が空いてしまうため

0.5㎜のプラバンをタミヤセメントにて貼り付けてふさぎます。

リアスカート側の裏面の不要な凸部はカットしておきましょう。

側面部に1.0㎜のピンバイスにて穴を空け、同じく1.0㎜の真鍮線にて接続して可動式になりました。

脚部が後ろに跳ね上げられるためポージングの際の煩わしさが解消されます。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は完了です。

火星独立ジオン軍仕様は通常のF90と違いリアスカートにハードポイントが無いため最初から分割にして欲しかったですね。

意外とサクサク進んでいるMG ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様)です。

残った腕・脚部も改造して完成まで持っていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク