MG ガンダムF90 火星独立ジオン軍仕様 胸部改造編

MG 1/100 F90 ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) 改造第2回目です!

前回の頭部改造に引き続き

2022年04月19日 にプレバンより発送された MG 1/100 F90 ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) !! ...

胸部を改造していきます!!

コチラも頭部同様に少量ですがディテールアップする形で進めていきます。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:首部パイプメタルパイプ化

まずは首部に追加されたパイプですね。

ジオン的な意匠です。

MGであるためしっかりとパーツ分けされていますが、ココはメタルパイプに置き換えていきます。

1.0㎜の真鍮線を芯に2.0㎜のメタルパイプを差し込んでいきます。

向かって右側が置き換えた状態、左側が素組ですね。

見た目がかなりキレイになったと思います。

真鍮線は元々パイプ部を取り付ける箇所に1.0㎜のピンバイスにて少しだけ開口して設置しています。

スポンサードリンク



その2:スジボリ掘り直し + シャープ化

頭部もそうでしたがMG ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) は全体的にすこしモールドが甘めです。

ココは胸部上面のモールドは0.2㎜のMr.ラインチゼルにてきっちりとスミイレできるようにしておきます。

コックピットハッチ左右の赤いパーツは先端が丸まっているためペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになれば上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:ビームサーベル ディティールアップ

バックパックは基本そのままで問題無いと思いますのでビームサーベルだけ少し改造します。

他のF90でもやっていますが、ビームサーベル基部に1.0㎜のピンバイスにて開口し同じく1.0㎜の真鍮線を埋め込んでいます。

2㎜程外側に飛び出している形ですね。

塗装時にはもちろんホワイトにて塗装します。

カトキ的な表現ですが、簡単な割にイメージが良くなるのでオススメの改造方法です。

真鍮線のカットには専用のニッパーと金属磨き用のヤスリを使って仕上げましょう。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は完了です。

今回もそれほど大きな変化は無いですね(笑)

全体的にヤスリがけをして面だししているため少し角ばった印象に変わっているかな?

特にダクト周りは結構丸まっているため設定画のようにカクっとした感じにしてやった方が見栄えが良くなると思います。

【2022/05/09】

腰部改造開始しました!!

MG 1/100 F90 ガンダムF90 (火星独立ジオン軍仕様) 改造第3回目です! 前回の胸部改造に引き続き 腰部を...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク