HGBF 1/144 ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF 腕部改造編 「咎は受けるさ・・・!」

それではHGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF  腕部改造編を始めます。

・・・矢継ぎ早にいろいろなキットが発売されて、少々1体当たりの改造ペースが落ちている気もしますが・・・きっと気のせいでしょう(泣)

今回は腕部を改造していきます。
スポンサードリンク



その1:肩部のディティールアップ

まずは目立つ肩部を改造していきます。

・・と言ってもそれほど行うことはありません。

行うことは、

①合わせ目消し

②ヒケ処理

③メタルパーツでのディティールアップ

の3点になります。

まずは、①の合わせ目消しですね。

残念なことに「ケルディムガンダムサーガ」の肩パーツは前後の挟み込みのみで成り立っております。

段落ちやディティール等での処理もされておりません。

ですので、上の写真の青矢印の位置にガッツリと合わせ目が出ているのが分かると思います。

ココの合わせ目を消していきましょう!!

作業は以下の通りになります。

①接続面にセメントをたっぷり塗る。(この時必ず片面だけではなく両面に塗ること)

②30秒~1分程度放置する。(このタイミングでプラを溶かしています。)

③パーツ同士をくっつけます。(プラが溶けてはみ出していればOKです。)

④このまま、セメントが硬化するまで1日程度放置します。

⑤セメントが硬化したらペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてキレイに磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようにキレイになれば作業完了です。

お次は②ヒケ処理を行います。

先ほど①の合わせ目消しの写真でもありましたが、肩部に当たった光が歪んで見えていたと思います。

上の青〇の部分ですね。

HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF の肩パーツはココに限らず全体的にヒケがスゴイので、ペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてヒケ処理を行いましょう。

コツとしては、No.400のヤスリでしっかりと平らになるまで削ることです。

少しくらいならヒケが残っていてもNo.800のヤスリで消えるだろうと思っていると、なかなか消えません。

余計な手間がかかってしまうため、しっかりとNo.400のヤスリでヒケを消してからNo.800のヤスリでキレイにしましょう!!

そして最後に、③メタルパーツでのディティールアップを行います。

上の写真の青矢印部にメタルボールを埋め込んでいます。

メタルボールの埋め込みには1.1mmのピンバイスにて穴を空けて埋め込みます。

何時ものことですが、メタルボールの接着は塗装後に2液性の樹脂製接着剤で貼り付けます。

今は接着しないようにしてください。

以上で肩部の改造は完了となります。
スポンサードリンク



その2:上腕部の改造

それでは引き続き上腕部を改造していきます。

ココはさすがにさほど改造箇所はありません。

行う改造は・・・

①プラバンでのディティールアップ

以上です。

やり方は簡単で、0.3mmのプラバンを1mm×3mmの大きさにデザインナイフでカットして、下の写真の位置にセメントで貼り付ける。

以上です!!

コツとしては、デザインナイフはこまめに取り換えましょう!!と言うことです!!!

これが意外と重要で取り換えたばかりのものと、2~3日使ったものでは全く切れ味が違います。

私は1日ごとに交換していますが、使い始めたころは正直1月に1回くらいのペースでした・・・

切れ味が悪い状態で使っているとカットしたはずの箇所が切れていなかったり余計な力が入ってしまい余分なところまで切ったり、そのせいで指まで切ってしまったり・・・散々でした。

安全のためにもなるべく早め早めに交換していくことをオススメします。
スポンサードリンク



その3:下腕部の改造

さて、腕部の改造もこれで最後の改造です。

下腕の改造は・・・

①スジ彫りによる合わせ目処理

以上となります。

今まであまりやってこなかった処理です。

本ブログでは、このキット(HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF )の胸部改造ののときに初めて行いました。

HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF  前回に引き続き胸部の改造に入っていきます。今回は機動戦士ガンダム00...

肩部に続いて残念なことに、HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF の下腕部は合わせ目が前後にガッツリ出ます。

一部を除き、ディティールとしての処理もされておりません。

ですので、一部がディティールとして処理されていることを良いことに?ほかの部分も段落ちディティールとして処理してしまいましょう。

上の青線部分ですね。

0.3mmのBMCタガネにてガイドテープに沿ってスジ彫りを追加しています。

直線且つ合わせ目として線が入っている箇所なので、比較的簡単に追加できると思います。

ついでに下の写真の位置にもスジ彫りを追加しています。

少しディティールがアッサリ気味だったので、ありきたりなスジですがアクセントとしています。

以上で、腕部の改造はすべて完了しました!!

いままでのパーツをくっつけてみましょう!!

・・・こうやって形になってくるとワクワクしますね!!

かなり良い感じになってきていると思います。

改造箇所も残すところ脚部と武器類のみです。

・・最後に地獄の合わせ目消しが待っていますが、くじけずに頑張っていきましょう!!

完成まで気合です!!

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク