機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 Blu-ray Disc レビュー

遂に発売された

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 Blu-ray Disc

レビューとなります。

私はガンダムファンクラブにて限定版を購入しております。

通常版とは違い、

■ Ark Performance描き下ろし収納BOX
■ 特製ブックレット(24P予定)
■ オリジナル・サウンドトラック

が付いてきます。

正直、Ark Performance描き下ろし収納BOX だけで元が取れている気分です(笑)

収納BOXは・・・

こんな感じです。

ザクⅢとトリスタンを前面に押し出したデザインです。

サウンドトラックはBlu-ray ケース内に収められています。

必要以上にカッコイイ(笑)トリスタンが背表紙です。

内部はこんな感じです。

スポンサードリンク



Blu-ray はArk Performance描き下ろしスリープケースに収められております。

アルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグの主人公2人をあしらったデザインです。

残りは特製ブックレットに小説「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」となります。

特製ブックレットは、キャラクター情報や

メカニカル情報に

線画など良くあるタイプのブックレットになります。

小説「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」についてですが、これは矢立文庫

http://www.yatate.net/

にて連載されていた小説をまとめたものとなります。

商品となるまで、我慢して読んでいなかったのでこれから楽しみに見ていこうと思います^^

映像としては、ガンダムファンクラブにて配信された1話~6話を1本にまとめた形のものに、少々映像を追加した形になりますね。

各話のつなぎなどに追加されております。

これは、劇場公開された「Twilight AXIS 赤き残影」と同様なのですかね?

劇場には見に行けなかったため分かりません(汗)

配信された1話~6話も特典として付いております。

内容は基本的にガンダムファンクラブで配信されたものと同様ですが、通してみると結構印象が変わってきます。

ザクⅢの乗り捨てや、トリスタンがやられるのが早い早い(笑)

当時は各話ずつ見ていたので、行間が長く感じられたようです。

トリスタンとイゾルデのやられっぷりたるや、速攻撤収でした・・・

クレヴェナールとアハヴァ・アジールの戦闘シーンは良い感じなんですけどねぇ~

ちなみにメーメット・メルカの最後のセリフが変わっているのが気になりました・・・

配信版の方が個人的には好きですね・・・

発表方法やガンプラの発売方法、小説の配信など今までのガンダム作品とは一風異なる方法で作られた作品です。

批判も多かったですが、個人的には面白い試みだったと思います。

実際、Blu-rayもこの金額で小説付きと考えると昨今のアニメ作品では安い部類に入ると思いますのでチョット手を出すには良いかと思います。

一番残念なことは、やはり「 AMA-X4 アハヴァ・アジール 」 の詳細情報がほとんど出なかったことですね・・・

今までの情報で作成するしかないかぁ・・・・

ちなみに今作は Blu-ray のみの発売で DVD が発売されておりませんが、最近はDVD版は減っているんですかね?

ちょっとびっくりしました。

作品としては「ZZガンダム」「逆襲のシャア」を知っている方には興味深く見れる作品となっていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

レンタルにはならなそうな作品ですしね(笑)

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク