HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー → HGUC ガンダムmk-v 腰部改造編

HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー → HGUC ガンダムmk-v 改造

今回は腰部の改造ですね。

今までで一番簡単な箇所となります(笑)

少し落ち着いて作業していきましょう。

スポンサードリンク



その1:脇部パーティングライン消し

前回胸部でやっておくべきだったんですけど・・・

書き忘れてました(汗)

シルヴァ・バレト・サプレッサーの脇部の丸いパーツには真ん中に大きなパーティングラインが出ています。

ココはNo.400のヤスリを付けたペンダンサーにてパーティングラインを消し、ヤスリをNo.800に付け替えてツルツルになるまで磨けばOKです。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

下の写真のようになればOKです。

スポンサードリンク



その2:フロントスカート新規作成

フロントスカート?フロントアーマー?

ガンダムmk-v は一体型ですね。

形状がシルヴァ・バレト・サプレッサーとは大きく違うため

ココは1.0mmのプラバンにて新造していきます。

まずは下のように方眼紙に下書きをしたものを

カーボン紙にてプラバンに写し取りデザインナイフでカットしています。

中央に切れ目を入れて軽く山折りにしておきます。

中央部のディティールは0.3mmのプラバンにて作成し、上記の1.0mmのプラバンで作成したものにタミヤセメントで貼り付けています。

取り付けにはシルヴァ・バレト・サプレッサーのフロントアーマーを使用しています。

横側をエッジングソーにてカットして

先ほど作成したフロントスカートをタミヤセメントで貼り付けます。

サイズ的に少々大きいため空いてしまった隙間には1.0mmのプラバンとアルテコ瞬間接着パテを使用して埋めています。

スポンサードリンク



その3:サイドスカートパーティングライン消し

基本的にはその1と同様ですね。

シルヴァ・バレト・サプレッサー のサイドスカートには縦方向に大きなパーティングラインが出ています。

ココはモールドが細かくあること 及び 曲面であることから まずはペンダンサーにNo.400のヤスリを付けてパーティングラインを消したら、仕上げにはスポンジ研磨材を使っています。

今回は#800-1000相当にて仕上げている形です。

艶ありで仕上げる場合はその後 #1200-1500相当まで磨くと良いでしょう。

全体的にキレイに磨ければ作業完了です。

スポンサードリンク



その4:リアアーマー改造

ガンダムmk-vには基本的にリアアーマー的なものは存在しないんですよね。

大き目のバックパックに隠れる形になりますが、ほぼディティールの無い形状です。

ですので、シルヴァ・バレト・サプレッサー のリアアーマーの一部をカットするのみでOKです。

凸部や接続部をニッパーなどでカットし、ペンダンサーにNo.400のヤスリを付けてキレイに磨きNo.800のヤスリに付け替えツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク




以上にて腰部の完成となります。

かなり作業が進んで見えますね。

但しここからも結構難しい作業が出てきます。

次回の腕部も結構大変ですね~(泣)

とは言えしっかりと改造続けていきます!!

[2019/08/21]

腕部改造開始しました!!

HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー → HGUC ガンダムmk-v 改造 遅くなってすみません(汗) 今回は腕部の...

少し時間がかかるかもしれませんが、なるべく早くお見せできるように頑張っていきますので今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク