RE/100 ザクII改 胸部改造編 「俺もあと1機落とせばエースってとこでやられちゃってよ。」

前回に引き続き RE/100 ザクII改・・・

今回は胸部の改造をしていきます。

頭部同様にそれほど難しい改造は無いのでより丁寧な改造を心がけていきましょう!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:胸部〇モールド開口

ザクII改 の胸部上面には複数の〇モールドが存在します。

FZ的なディティールですね!!

しっかりとモールドされていますが、より際立たせるためにココは開口していきましょう。

1.3mmのピンバイスにて開口し

面取りビットで周りを整えます。

同じく胸部下側にも〇モールドが複数存在します。

FZ的な(以下略)

コチラは少々大きめの〇モールドなので1.8mmのピンバイスにて開口し

同じく面取りビットにて整えています。

作業自体は簡単ですが、かなり量が多いため(笑)

雑にならないように少しずつ作業することをオススメします。

スポンサードリンク



その2:胸部排気口ディティールアップ

胸部左右についている排気口ですが・・・・

結構モールドがダルダルなんですよね・・・・

アニメ画稿に寄せるためにわざと縁を丸まっている形状にしているのかも?

と思えなくも無いですが、中央部にディティールが無いことなどを鑑みると単にダルイだけだと思います(苦笑)

そんな訳でココはシャープなディティールにしていきましょう。

このモールドをエッジングソーにてカットし、ペンダンサーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったら、ペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順でヤスリを交換しながらツルツルになるまで磨きます。

ココにコトブキヤ P104 ダクトノズル の 「2」をタミヤセメントで貼り付けています。

サイズ的には「3」の方が元の大きさにあっていますが、個人的にココは大き目のサイズのイメージでしたので「2」を使用しています。

コチラは気に入ったほうを貼り付ければ良いかと思います。

左右とも同様の処理をすれば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:胸部中央ディティール追加

胸部左右にスジ彫りを追加しディティールアップしていきます。

下の写真の赤線部に0.2mmのMr.ラインチゼルを使用しスジ彫りを追加します。

ありがちではありますが、ザクⅡ改の胸部にはこのディティールが良く似合うと思います。

スポンサードリンク



おまけ:ヤスリがけについて

ザクⅡ改の胸部は直線と曲線が入り混じった複雑な形状をしています。

頭部でも書きましたが、全体的なヤスリがけについて基本的には先ほど使用したペンサンダーと呼ばれるツールを使用します。

胸部左右のパーツはペンダンサーにNo.400のヤスリを付けて全体的に磨き、ヒケを取ったらヤスリをNo.800に変えてキレイに磨けばOKです。

胸部中央のコックピットハッチ周り及び腰部はニッパー跡は同じくペンダンサーにNo.400のヤスリを付けてツライチに磨き、その後はスポンジ研磨材を使います。

上で紹介しているものですね。

今回は#800-1000相当にて仕上げています。

胸部もだいぶヒケていますのでしっかりとヤスリがけをしておきましょう。

スポンサードリンク



以上にて胸部の改造は終了となります。

今回の改造は少々面倒くさいものが多いですね。

難しくは無いと思いますが、開口処理や胸部の排気口の削除なで結構時間がかかりますのでイライラして適当な処理にならないように少しずつ処理を進めてみてください。

この調子でディティールアップした RE/100 ザクⅡ改 を目指してもう少し頑張っていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク