RE/100 ガンダムMk-III → RE/100 ガンダムF89 バックパック改造編

脚部に続いて・・・

腕部改造から大分進みが止まっていましたが・・ RE/100 ガンダムMk-III → ガンダム F89 改造!! ...

最後の改造となるRE/100 ガンダムMk-III → ガンダム F89 改造!!

残すバックパックとビームライフルをサクッと作っていきましょう~

スポンサードリンク



その1:バックパック スクラッチ

バックパックはプラバンでのスクラッチですね。

今回は高機動型として作成していきます。

ベースは以下の形状に1.0mmのプラバンをカットして箱組みしていきます。

赤線部を基部に、側面は8mmの高さにし、上面を青線部で覆います。

完成時はこんな感じですね。

箱組みしたパーツの上にディティールとしてさらに1.0mmのプラバンを以下の写真の赤線部にカットしたものを貼り付けその上にさらに青線部にカットしたものを貼り付けてディティールとしています。

側面のビームサーベル取り付け部はガンダムMk-Ⅲのビームキャノンの基部を使用してます。

スラスター部はWAVE Uバーニア フラット 4 長方形 の「9×6.5」を貼り付けています。

その横にプロペラントタンクを取り付けています。

プロペラントタンクはサイズさえ合えばどのパーツでも良いと思います。

サイズ的にはMG Hi-νやシナンジュのモノが合うと思いますが

HG マックナイフのプロペラントタンクなんかでも良いと思います。

・・・ちなみにビームサーベルは今回ピンクを使用します。

F90はブルー、F91はグリーンのため別の色を使いたくなりました(笑)

スポンサードリンク



その2:ビームライフル スクラッチ

お次もスクラッチになっちゃいますね。

F89は一応ジェムズガンと同様のビームライフルを持っている描写があるのでそちらに合わせてビームライフルをスクラッチしています。

中央部のみスクラッチですね。

ジェムズガンの設定画に合わせて中央部は以下の図のように作っていますが、細かい所はそれっぽくディティールを追加して作っています。

先端部はHGBD:R ゼルトザーム or ゼルトザームアームのシールドについている銃口部

後部はHGUC リゲルグの銃後ろ側を

持ち手部はRE/100 ガンダムMk-Ⅲのモノをそのまま使っています。

スポンサードリンク



残りはこんな感じでサクッと改造完了です!!

これにてF89完成です。

実際は概ね完成しているので明日には完成品をお見せできると思います。

少々お時間かかったガンダムF89です・・・

完成まで今しばらくお待ちください!!

【2020/04/16】

RE/100 ガンダムF89 完成しました!!

RE/100 ガンダムMk-III → ガンダム F89 遂に完成です!! なかなか時間がかかりましたが(汗) さっそく...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク