HG RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] → HG PF-78-1 パーフェクトガンダム 腰部改造編 【俺のプラモスピリットを甘く見るなぁ!】

それでは前回の胸部改造に引き続き

それでは前回に引き続き HG 1/144 RX-78-2 ガンダム 改造・・・ 今回は胸部の改造となります!!...

HG 1/144 RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] → HG PF-78-1 パーフェクトガンダム改造・・・

腰部を改造していきます~

スポンサードリンク



その1:〇モールドのメタルパーツ化

本体唯一の改造ですね(笑)

胸部でも行いましたがココは胸部とは違い、パーフェクトガンダム時にも見えなくなることは無いですね。

フロントスカート外側にある〇モールドをメタルパーツ化していきます。

1.0mmのピンバイスにて胸部左右の〇モールド一度開口し

面取りビットにて周りを整えます。

ココに1.0mmのハイキューパーツ製のメタルボールを埋め込んでいます。

現状は置いてあるのみで、接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

それまで無くさないようにしっかりと保存しておいてください。

スポンサードリンク



その2:パーフェクトガンダムフロントアーマー作成

改造開始時も書いていますが、

2020年06月06日に発売された HG 1/144 RX-78-2 ガンダム ・・・・ 今回はコイツをパーフェクトガ...

フロントアーマーは中央部のみ使用します。

サイドスカートにつながるライン部はエッチングソーにてカットしてしまいます。

側面が少し厚めなのでペンサンダーにNo.240のヤスリをつけて片面0.5㎜程薄くしておきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

薄くなったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

ココにディアドロップ型のスラスターを旧1/144から持ち出し貼り付け、1.0㎜のプラバンを上記形状にカットしものを貼り付けます。

元々ついていたサイドスカートへのつながりの作り直しですね。

スポンサードリンク



その4:サイドスカート部 作成

コチラは1/144 パーフェクトガンダムから流用しています。

と言っても見ての通りそのままでは味気ないので一部改造しています。

取り付けはガンダムサイドアーマーの隙間に0.5㎜のプラバンにて挟み込んで固定するようにしています。

パイプがつながる箇所は3.0㎜のピンバイスにて開口し、同じく3.0㎜のメタルパイプを埋め込んでいます。

ココに胸部から1.5㎜のスプリングパイプを通しています。

スプリングパイプ内に1.0㎜の真鍮線を通して形状を固定するようにしています。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

このままですとだいぶ肩部が貧弱です(笑)

次回改造にてバランスをとっていきましょう!!

そんな訳で次回は腕部改造となります。

改造もこれで中間地点ですね。

あと半分・・・頑張って改造進めていきましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク