HGUC バウンド・ドック 頭部改造編 【このバウンド・ドックなら、俺は・・・!】

2020年10月24日 に発売された

HGUC 1/144 バウンド・ドック・・・

まずは頭部からの改造です!!

かなりキレイに立体化されたバウンド・ドックですがやはりHGと言うこともあり、各部でもっさいりした箇所が気になります・・・

その辺り含め理想のバウンド・ドックになるように改造していこうと思います!

それでは早速改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:アンテナシャープ化

まずはアンテナですね。

・・・アンテナでイイんですよね?

HGと言うこともあり先端部は結構丸まってしまっています。

ココはしっかりと先端をとがらせてツンツンにしていきます。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて上の写真の青斜線部を形状を整えながら磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

この時なるべくパーツが薄くなるように削りこんでいくと良いと思います。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400のヤスリに変えてツルツルになるまで磨きます。

この時にアンテナ表面にあったディティールが消えてしまうと思うので、ディティールを復活させます。

元々あった上の写真の赤矢印部のラインは0.3㎜のBMCタガネにて復活させ

青線部のラインを0.2㎜のMr.ラインチゼルにて追加で掘っています。

最後にペンサンダーにNo.800のヤスリをつけて表面がツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:モノアイ部 VCドーム化

HGUC バウンド・ドックのモノアイはモールドにシールになっています。

ココはVCドームにしていきます。

元々あったモールドをペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて削り落とします。

その1同様にペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換しながらキレイになるまで磨きます。

そこに2.5㎜のVCドームを貼り付けます。

元々のモールドより大きめのVCドームですが、このくらいの方がサイズ的にはあっていると思います。

接着は塗装後に樹脂製の接着剤で行いますので、無くさないようにパーツは保存しておいてください。

スポンサードリンク



その3:あご部 シャープ化

最後にあご部もシャープ化していきます。

アンテナ同様に結構丸まっています。

やり方としてはその1同様ですね。

下の写真くらいまで削りこんでいます。

この時合わせて側面部もシャープにしてやると良いと思います。

ココは結構緩いカーブになっていて目立つため上の写真くらいまでシャープにしてやるとキレイに見えるようになります。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

元々出来が良いバウンド・ドックですが、各部シャープ化してより見栄えが良くなったと思います。

この調子で理想のバウンド・ドック目指して改造進めていきましょう!!

【2020/10/29】

胸部改造開始しました!!

HGUC 1/144 バウンド・ドック やはりと言うか当然と言うか 大人気みたいですね!! そんな訳で? 今回は前...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク