HGAC ガンダムヘビーアームズ レビュー開始!! 【早かったな・・・俺の死も・・・】

2020年10月24日 に発売された

HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ のレビューになります!!

定価:1,650円(税込) となります。

W勢の初期5体の中では3体目のHGAC化・・・

さっそくレビュー開始です!!

スポンサードリンク



外箱

いつものHGパッケージです。

サンドロックがいますね。

側面です。

スポンサードリンク



説明書

こちらも通常のHGシリーズと同様のフォーマットです.

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。

B1・B2ランナーです。サンドロックと共通ですね。

Cランナーです。

D1・D2ランナーです。

E1・E2ランナーポリキャップにシールです。

スポンサードリンク



キット

まずは4面をグルリと

お次は斜めからグルリと

カトキ立ちにて

あおり目で

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを決めて何点か

早かったな・・・俺の死も・・・

覚悟がなければもう戦えない。こいつは全てを受け入れた。

始めるか、俺の自爆ショーを

貴様達の甘さを清算してくる

ガンダムを見たものを決して生かして帰すわけにはいかない。それが…任務だ。

無意味な決闘のわりには、長く続いているな。

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

首部は上下30度くらいと普通ですね。

左右も一周グルリと回ります。

●胸部

前45度、後は20度くらいとかなり曲がります。

左右は30度くらいですね。

ハッチオープンはしっかりと180度開きます。

●腕部

コチラは肩部で80度、肘部は160度近く、手首は一周グルリと20度と肩が形状的あまり曲がりませんね。

こちらも肩のハッチはしっかりと開きます。

手首は通常の持ち手以外に平手が左右付属します。

サンドロックと共通のランナーのためヒートショーテル持ち手も付いています。

●腰部・足部

股関節部は160度くらいですね。これ以上広げるとサイドスカートがポロリします。

足首は左右は30度程度曲がります。

前は90度程度、後ろもHGとしてはめずらしくリアスカートが可動式のため90度開きます。

足首は前後30度ほどですが、つま先が独立可動にてさらに45度ほど曲がります。

●脚部

膝は160度くらい曲がりますね。

上半身が良く曲がる かつ  股関節が2重可動となっているためそれなりに自然に立膝が出来ますね。

コチラもマイクロミサイルハッチはしっかりと開きます。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色分けはほぼ完璧ですね。

ツインアイ・メインカメラ・リアカメラはシールです。

バルカンのみ塗り分けが必要ですね。

●胸部・腰部

胸部中央のブルーのディティールはシールになっています。

またハッチ下部のダクトのイエロー部もシールです。

この二点は残念ですね。

また肩部バルカンとオープンハッチ前面の○モールドは塗装が必要ですね。

腰部は全体的にあるブラックラインがシールと結構シール率が高めです。

●腕部

コチラはしっかりと色分け出来ています。

アーミーナイフの刃部のみシルバーで塗装が必要かな?

脚部のマイクロミサイルもそうなのですが肩部ホーミングミサイルはレッドだった記憶があるのですが?

設定上グレーでしたっけ?

●脚部

シンプルな色分けのですがスネのスラスターがシールですね。

先ほども書きましたが脚部のマイクロミサイルはグレーが設定なのかな?

●ビームガトリング

ビームガトリングは基部と銃身~銃口及び持ち手が色分けされています。

当然腕から取り外してバックパックに背負わせることも出来ます。

持ち手は可動式ですね。

スポンサードリンク



作成について

武器の少ない機体のため作成時間は短めです。

1時間かからないで出来上がりました。

前作のサンドロック同様の最新フォーマットで作られているだけあって、作りにくい所も特にありませんね。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は82点と言った感じです。

カッコよさ:75点

作りやすさ:90点

値段          :75点

遊びやすさ:90点

と言ったところです。

キットとしてみれば当然近年のカッコよさはあるのですが、正直この前に発売されたサンドロックに比べると色分けのいまいちさが際立ちます・・・

しょうがない部分はあるのですが(腰のブラックなど)、サンドロックの細かさを見ると胸部中央部のブルーや胸部下ダクトのイエロー・スネ部は色分け出来たんじゃないかな?と思います。

サンドロックの気合を見てしまっているため、同レベルを期待するとちょっと肩透かしな感じですね。

作りやすさに関してはかなり作りやすいです。

HGAC系は最新のHGの中でもかなり作りやすい感じがします。

ベースの内部パーツはサンドロック同様のモノですのでしっかりしています。

値段については・・・

これはサンドロックの時もそうでしたが、値段に比べて全体的なパーツ数が少々物足りない感じがあります。

先ほども書いたようにパーツ分割がサンドロックより甘い部分を見るとなおさらな感じです・・

W系はウイング・デスサイズ以外は難しいのか・・・

ブンドドに関してはイイ感じです。

ぱっと見にゴテゴテしているように見えますが実際にはスッキリとしたデザインなので良く動きます。

肩が少々外れやすい感じもしますが、気になる点はそれくらいですね。

以上!!

HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ のレビューでした!!

これにて3体目のW勢です!

商業的には残り2体はほぼ確定で出ると思うので・・・

ここまでくると安心できます(笑)

それではこれからこのキットも改造に入ります!!

やはりコイツもサンドロック同様に・・って感じで改造進めていきます!!

【2020/10/27】

ヘビーアームズ改 改造開始しました!!

2020年10月24日 に発売されたHGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ サンドロック同様に「...
HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ改造第3回目です。 前回の胸部に続き 今回は腰部の改...
少し間が空いてしまいましたが・・・ HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ改造第4回目です。 前回...
HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ改造も今回で最後です! 前回の腕部に続き 今回は脚部...

【2020/11/17】

ヘビーアームズ改 完成しました!!

HGAC 1/144 XXXG01H ガンダムヘビーアームズ改・・・ 完成です! ビームガトリング部以外変化が無いように...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク