HGUC メドザック・バスース 脚部改造編

HGUC メドザック・バスース 最後の改造です!!

前回の腕?部に続き

だいぶ間が空いてしまいましたが・・・ HGUC メドザック・バスース 改造第4回目です!! 前回の腰部に続き ...

残った脚部を改造していきます!

さっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:モモ部 形状変更

まずはモモ部からですね。

ベースはMG クロスボーンガンダムの脚部を移植しています。

内部フレームも同様ですね。

内側にエポキシパテを盛って内またが閉じるようにしています。

試しに内側をガイアノーツ ブライトシルバー と スターブライトシルバー で塗装してみました。

ゴールドと違いコチラはスターの方が好みですね。

スターブライトシルバーにつや消しのトップコートを吹くと良い感じになりそう・・・

スポンサードリンク



その2:スネ部 スクラッチ

お次はスネ部ですね。

基本的にはプラバンからのスクラッチです。

赤線部は0.3㎜のプラバンを下側のスラスター部が段付きになるように5枚カットし、側面を作成します。

ヒザ側の凸部は1.0㎜のプラバンを3枚カットしてその上にさらに接着してディティールとします。

隙間はエポキシパテにてなだらかに整えてします。

正面は青線部を1.0㎜のプラバンにて作成し、ヒザ部はHGUC F91のヒザ部を加工して作成しています。

スラスター部はコトブキヤ P126 「4」を貼り付けています。

後ろ側は画稿が無いためビギナ・ギナに似た感じにしています。

元々はRE/100 ビギナ・ギナの脚部スラスターを埋め込もうと思っていたのですが、サイズ的に無理っぽかったのでジャンクパーツからMG Vガンダムの肩部スラスターを大量に貼り付けています。

スポンサードリンク



その3:足部 スクラッチ

足部もスネ部同様にプラバンからのスクラッチですね。

基本的にはプラバンからのスクラッチです。

1.0㎜のプラバンをカットして作成しています。

スラスターはヒザ部同様にコトブキヤ P126 から、側面の〇モールドは1.5㎜のメタルパイプを埋め込んでいます。

甲部を段落ちにするために側面にさらに0.5㎜のプラバンを同様の形状にカットし貼り付けてそれっぽくしています。

スネ部との接続パーツはジャンクパーツからHGUC バーザム レジオン鹵獲仕様の腕部関節を埋め込んでいますが、サイズがあればどれでも良いかと思います。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造が終了となりました!!

遂に完成ですね・・・

とは言えこの後はしっかりとサフを吹いて一度確認作業をしていきます。

全体的にほぼほぼスクラッチのため傷や作成ミス部などが出てくると思いますので一度サフ状態を挟んで修正→完成としていきたいと思います。

完成まで今しばらくおつきあいくださればと思います。

【2021/08/18】

仮サフ編更新しました。

HGUC メドザック・バスース 改造・・・ と言うか修正編ですね。 前回の脚部改造にて改造自体は基本完了したので ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク