HGUC ナイチンゲール バックパック改造編

HGUC ナイチンゲール の改造も今回で最後です・・・

前回の脚部に続き

HGUC ナイチンゲール 改造第6回目です。 前回の腕部に続き 今回は脚部・・・と武器類の改造をしていきます。 ...

残ったバックパック周りを改造していきます!!

それではラストスパート・・

改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:プロペラントタンク 合わせ目消し

まずはバックパック?背中部に取り付けるプロペラントタンクの合わせ目を消します。
このプロペラントタンクは左右分割となっているため真ん中に合わせ目が出ます。

ココは流し込み式のセメントにて消していきます。

合わせ目に流し込み式のセメントを塗り、ギュッと押さえます。

30秒ほどで概ねくっつきますが、しっかりと硬化するまで1日程度放置しておいてからペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチになるように磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に付け替え表面がツルツルになるまで磨けば作業完了です。

これを3本分行えばOKです。

スポンサードリンク



その2:バーニア メタルピン埋込

先ほどのプロペラントタンク近くにあるバーニア内側中央にメタルピンを差し込んでディティールアップしています。

コチラも2.0㎜のピンバイスにて開口し

メタルピンを埋め込みます。

ホントは内側にイエローのパーツが入りますが、ハメ殺しになる関係で外してあります。

ピンも差し込んでいるのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:ファンネル部開口処理

お次はファンネル部ですね。

HGのためモールドとしては銃口部がありますが浅いためピンバイスにて開口しています。

ファンネルラックは大きいパーツの割にディティール自体は少なめなのでスジボリなどでディティールアップしても良いと思います。

今回は大きめのデカールを貼ろうと思っているためそのままとしています。

スポンサードリンク



その4:リアスカート モールド別パーツ化

最後にリアスカート部に取り付けるネオジオンマークですね。

これは0.3㎜のプラバンに貼り付けて立体的なモールドとします。

シールドと同様ですね。

コチラも最終的にはシールははがしてホワイトで塗装して貼り付けると思います。

スポンサードリンク




以上にて脚部の改造は終了となります。

正面からの見た目は基本前回同様ですね(笑)

それではこれから塗装に入ります!

かなりの大物のため大変だとは思いますが、なるべく早く完成できるように頑張っていこうと思います!!

【2021/08/19】

完成しました!!

HGUC ナイチンゲール・・・ 完成です!! さすがの大物・・ 塗装も含めかなりの時間がかかりました。 塗装...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク