HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク 胸部改造編 【アイハブゥ・・・】

HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク 改造第2回目です!!

前回の頭部に引き続き

遂に2020年11月21日 に発売された HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク ・・・ まずはいつも通り...

胸部の改造となります!

意外と改造箇所の多い部位です。

早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:首裏肉抜き穴埋め

まずは首裏の肉抜き穴を埋めます。

HGですのでココは結構開いていることが多いです。

キットによってはほぼ目立たないため放置しておいても良いのですが・・・ロードアストレイダブルリベイクの場合レベルソ状態のときにかなり気になります・・・

咆哮を上げたように上を見上げたら肉抜き穴が見える!!

と言うのはかなりのマイナス点ですね(笑)

ココはエポキシパテにて埋めておきます。

肉抜き穴にエポキシパテを詰めて1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて形状を整えながら磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上記写真くらいになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:合わせ目消し

お次は合わせ目消しですね。

肩部と腰部に合わせ目が出てしまっています。

ココは下の写真の赤線部に瞬間接着パテを盛ってパーツ同士をくっつけます。

この時胸部側は首部とポリキャップを、腰部はポリキャップ2つをハメ忘れないように気をつけてください。

はみ出した部分に瞬間接着剤硬化剤を使い固めます。

瞬間接着パテが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてはみ出した瞬間接着パテを削り取ります。

上記写真のようにツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:〇モールド H・アイズ化

お次は胸部上面左右にある〇モールドをH・アイズ化します。

2.0㎜のH・アイズをMr.メタリックカラー GXメタルブルーにて塗装したものを貼り付けています。

塗装しているので接着は塗装後に行います。

現状は両面テープで貼り付けているのみですね。

スポンサードリンク



その4:エッチングパーツ 貼り付け

お次は腰部のマルイチモールドをエッチングパーツ化します。

ハイキューパーツの GLEP-02 を 塗装後に樹脂製の接着剤にて貼り付けるだけなので簡単にディティールアップ出来ますね。

スポンサードリンク



その5:シャープ化

最後に各部シャープ化を行います。

やり方はその1とほぼ同様ですね。

ペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてガリガリと削りこんでいます。

表面は

裏面は

上記箇所をシャープ化しています。

頭部同様に見た目がだいぶ変わりますので(特に裏面)しっかりとシャープ化しておきましょう。

もちろんシャープ化した箇所はペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨きます。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

結構改造箇所多めでした。

とは言え一個一個はそれほど難しくは無いと思いますので丁寧に作業すればすぐに出来ると思います。

この調子で各部しっかりと改造続けていきましょう~

[2020/11/27]

腰部改造開始しました!!

HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク 改造第3回目になります。 前回の胸部に引き続き 今回は腰部の改造で...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク