MG ガンダムF90 ミッションパック Iタイプ(木星決戦仕様) 改造編後編【おっぱじめるとしようかいっ!】

2021年03月18日 にプレバンより発送された

MG 1/100 ガンダムF90 ミッションパック Iタイプ(木星決戦仕様)・・・

前回の前半に続き

2021年03月18日 にプレバンより発送された MG 1/100 ガンダムF90 ミッションパック Iタイプ(木星決戦仕様)・・・ ...

残った後半部を改造していきます!!

サクッと終わらせて完成させてしまいましょう!

それでは改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:脚部改造

まずは脚部追加装甲を改造していきます。

前回の肩部でも書いていますが、MGと言うこともあり各部大きいパーツが多いためヒケがかなり大きいです。

脚部は特に平面が大きいため目立ちます。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてヒケを消していきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ヒケが消えキレイにまっずぐになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順にヤスリを付け替えてツルツルになるまで磨けは作業完了です。

お次は各部アポジモーターをメタルパーツ化します。

側面の小さなアポジモーターは2.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにてフチをきれいに整えます。

ココに2.0㎜のツインパイプを埋込ます。

側面下側のアポジモーターには 5.0㎜のパイプを差し込んでいます。

スポンサードリンク



その2:シールド 改造

大型装備のシールド部の改造を行います。

まずは先端のマシンキャノン部ですね。

ココは1.0㎜のピンバイスにて開口し、同じく1.0㎜のハイキューパーツ ガンマズルを埋め込んでいます。

飛行形態時にウイングとなるパーツは先端がだいぶ丸まっています。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープ化します。

上の写真のようにカッチリなったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順にヤスリを付け替えてツルツルになるまで磨けは作業完了です。

お次は各部〇モールドですね。

赤矢印部は1.3㎜のピンバイスにて開口後、面取りビットにて整え

赤○部は一度ペンサンダーにてモールドを削り落とし、コトブキヤ P101 マイナスモールドに置き換えています。

ココは塗り分けもしたいため分けておいた方が便利ですね。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造は終了となります。

今回もなんやかんやと改造箇所多いです。

とは言え難しい改造は無いですね。

前半同様比較的簡単に改造できるので丁寧に作業してやればOKだと思います。

それではこれから塗装に入ります!!

パーツ的にはそれほど多くは無いためサクッとお見せ出来ればと思いますので今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク