HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 脚部改造編

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第5回目です!!

前回の腕部に引き続き

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第3回目です!! 前回の胸部に引き続き 腰部を改造していきます! ...

脚部を改造していきます!

・・・脚部と言うよりは今回はほぼほぼ足部ですね。

改造箇所が足に集中しております。

それではサクッと改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:スラスター メタルパーツ化

HGAC デスサイズヘル改造時にも行った改造ですね。

リヴランスヘブンも同様の形状のため足甲部にスラスターが3つずつ付いています。

ココはすべてメタルパイプに置き換えます。

中央部は大きめなため3.0㎜、両サイドは1.5㎜のメタルパイプを使います。

まずは左右は2.0㎜のピンバイス、中央は3.0㎜のピンバイスにて開口します。

ココのスラスターは凸型の形状になっているためピンバイスにて開口してもフチが少し残ってしまうことが多いと思うのでペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイにツライチにしておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

凸部を除去出来たらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

ココにメタルパイプを埋め込んでやればOKですね。

現状はハメているのみです。

塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その2:つま先部 シャープ化

お次はつま先部をシャープ化します。

HGである関係で大分先端が丸まっています。

ココはしっかりとツンツンにしておきましょう。

見た目がだいぶ良くなる箇所です。

その1同様ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてシャープ化し

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:足裏肉抜き穴埋め

最後に足裏の肉抜き穴を埋めます。

エポキシパテを盛り

1日程度放置してエポキシパテが硬化したらNo.240のヤスリを付けて下の写真くらいまで削りヤスリをNo.400→800の順に変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

リヴランスヘブンのスネ部は左右の挟み込みの関係で中央部に合わせ目が出ます。

正面は段落ちモールド化されていますが後ろ側はディティールの関係かそのままになっています。

ヒザ部の関節が特殊なため後ハメ加工が結構難しいため今回はそのままとしていますが、パーツ同士をしっかりとくっつけてヤスリがけをすればそれほど目立たなくはなります。

段落ち部はデザインナイフにてけがいてやれば良いと思います。

さて、これにて本体部は完成となります。

この後はクロークとランスの改造が待っています。

クローク自体は結構面倒くさい箇所がありますが、あと少しで完成となりますのでラストスパート頑張っていきましょう!!

【2021/11/29】

バックパック改造開始しました!!

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 最後の改造です!! 前回の脚部に引き続き バックパックと武器類を改造してい...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク