HGIBO ガンダムグレモリー 頭部改造編

2021年10月16日 に発売されたHGIBO 1/144 ガンダムグレモリー・・・

まずはいつものように頭部の改造をしていきます。

レビューで書いたように

2021年10月16日 に発売された HGIBO 1/144 ガンダムグレモリー のレビューになります!! 定価:1,9...

気になる箇所を修正しながら改造していきたいと思います!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フード部シャープ化

HGIBO ガンダムグレモリーのフード部ですね。

レビューでも書いていますが、宣材写真に比べ深くフードがかぶれ、かなり頭部を隠してくれる作りになっています。

そのままでもカッコいいのですが、フチの太さ・側面の形状が少し気になるため修正していこうと思います。

縁はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて極力薄くなるように削っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルになるまで磨いておけばOKです。

合わせて側面の形状を少し変更します。

設定画に比べて横に出過ぎている感じがするので1㎜ほど横幅を短くします。

ニッパーでカットしてペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて磨いてからNo.800にて仕上げます。

これにてだいぶ設定画に近づいたと思います。

スポンサードリンク



その2:フェイスガード シャープ化 +アンテナ部 形状修正

お次はフェイスガードとアンテナ部を改造していきます。

いつもでしたらアンテナをシャープ化していくのですが・・・

設定画に比べてHGIBOのアンテナ部は少し斜めになりすぎている感じですね。

もう少し縦に倒れていない形状にしていこうと思います。

そのため一度アンテナ部を写真の青点線部にてエッチングソーを使いカットします。

この時アンテナはペンサンダーを使いシャープに削っておきます。

フェイスガード部も中央部にエッチングソーを使い少し切れ目を入れ、各部シャープ化しています。

フェイスガード側のアンテナ取り付け部を少し削って角度を整えてアンテナをタミヤセメントにて接着し直します。

このくらい立っていた方が設定画に近いと思います。

スポンサードリンク



その3:その他 ディティールアップ

合わせて他の部分も改造しておきます。

まずはフェイス部ですね。

その2にてフェイスガードをシャープ化しましたが合わせてあご部とホホ部もシャープ化しています。

やり方はその1・その2同様にペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて削っていく感じですね。

小さいパーツのためあまり削り込み過ぎると折れる可能性が高いのである程度にとどめています。

またフード部の裏側にある◎モールドにはエッチングパーツを貼り付けます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

合わせてほとんど見えませんがフードのヒンジ部の〇モールドを

1.0㎜のピンバイスにて開口しておきました。

フードの後ろの先端部もペンサンダーを使いその1・その2同様にシャープ化しています。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

HGIBO ガンダムグレモリーはかなり良く出来たキットではありますがHGと言う関係上どうしてもモッサリ感が出てしまっている箇所があります。

フードのフチなどは削り込んでやるだけでかなりカッコ良くなる箇所なので改造してみると良いと思います。

【2021/10/20】

胸部改造開始しました!!

HGIBO ガンダムグレモリー 改造第2回目です。 前回の頭部改造に続き・・・ 胸部を改造していきます!! ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク