HGUC MOONガンダム → HGUC ダグ・ドール 作成スタート!! 「見ていたよ」

それでは題名通り・・・

HGUC AMS-123X-X MOONガンダムから AMX-015-4S ダグ・ドールへの改造・・・

さっそく進めていきたいと思います!!

個人的に全MSの中で2番目に好きなゲーマルクの後継機と言うことで!!

2018年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 本年一発目は ROBOT魂 Ka signatur...

作るには気合を入れて作りたいところ・・・

発表されてから、ずいぶん経ってしまいましたが・・・・

HGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック>の改造も何とかめどがつきそうなので・・・

今回のHGUC ジムⅢパワードFA <ブルドック>・・・・ 腰部改造から大分時間が空きましたが(汗) ...

踏ん切りがついた感じですね。

ベースはHGUC ムーンガンダムなんですが、どう考えてもほぼスクラッチになりそうな感じなので(汗)

時間が掛かるとは思いますが、なんとか形にしていきたいと思います。

それではさっそく改造方針を見ていきましょう!!

スポンサードリンク



頭部

頭部のみベースはHGUC Hi-νガンダムとしています。

ダグドールの頭部は全体から見たら結構小型なため最初はHGUC F91を使用しようかとも思ったのですが・・・

ちょっとサイズ的に小さすぎる感じがしたのでジャンクパーツから比較的形状の似ている?こっちにしています。

まぁ、どっちにしろほぼエポキシパテの固まりになりそうなので(笑)

元の状態はほぼわからないと思います。

スポンサードリンク



胸部

ここからはムーンガンダムベースですね。

胸部は微妙に似ています。

バルギルとダグドールは開発時期や場所が同じだったのでしょうか?

・・・ちょっと改造しようとした形跡が見受けられますが(笑)

まぁ試してみた感じです(汗)

全体的に細かく各箇所が違っているため修正自体は多めですね。

特に胸部中央の円形部や腰部のハイメガ粒子砲?的な箇所はメンドクサイ箇所ですね。

スポンサードリンク



腰部

ココは全体から見れば一番形状的には近く簡単な箇所になりそうですね。

・・・とは言えリアスカートは完全にスクラッチですね。

そこ以外もスクラッチ箇所は多いですが、形状的にはそんなに難しくは無いと思います。

スポンサードリンク



腕部

肩がまるまる違いますね。


こういった曲面は作成が難しいところなので出来れば複製して対応してしまいたいと思います。

腕部は現状ムーンガンダムをくっつけていますが、鉄血系の腕に取り換えても良いかなと思います。

下腕部にはパイプのディティールもありますしね。

スポンサードリンク



足部

コチラもベースはムーンガンダムですね。

とは言え、コチラも形状が大きく違いますね。

似ているのは膝アーマーくらいか・・・

スネ部はHGUC シナンジュ辺りから各部パーツを持ってきても良い気もします。

少し考えて形状を整えたいと思います。

スポンサードリンク



バックパック

コチラはMG シェンロンガンダム EWのシールドを使っています(笑)

ココから形状出しですね!!

ある程度形状が定まると、テンションが上がります。

ファンネル類は複製して揃えていく感じになりそうですね。

結構多いです(汗)

MG キュベレイから持ってきても良いかも?

スポンサードリンク




上記感じで作成していきます。

かなり形状が違う、似ているパーツが無い機体なため作成にはどうしてもエポキシパテやプラバンまみれになってしまいそうです(汗)

現状すでに頭部の作成に入っているところですが、正直元の形状はすでにありません(笑)

頑張って完成まで持っていきますがお時間いただきたいと思います。

更新遅めになりますが一緒に頑張っていきましょう!!

[2019/10/07]

頭部改造開始しました!!

そんな訳で HGUC MOONガンダム → HGUC ダグ・ドール 改造・・・ さっそく始めちゃいました!! まずはいつ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク