HG00 ガンダムプルトーネ 腰部改造編 【ルイ―ドやマレーネにはフェルトがいる・・・だから私は戦わなくちゃ!】

HG00 ガンダムプルトーネ 改造第3回目は・・・

前回の胸部改造に引き続き

HG00 ガンダムプルトーネ 改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き 今回は胸部を改造していきます。 ...

腰部を改造していきます。

今回はスジボリメインの改造ですね。

さっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フロントアーマー スジボリ追加

まずはフロントアーマーですね。

上面の赤いパーツはステキなデザインですが、白いパーツは特にディティールの無いちょっとスッキリし過ぎなデザインです。

ココは少しスジボリを追加してディティールアップします。

上記の感じにスジボリは0.2㎜のMr.ラインチゼルにて追加しています。

スジボリを行う際のコツとしてはスジボリを行う表面をペンサンダーにNo.400のヤスリをつけて磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

この状態で一度洗浄し表面の汚れを落とします。

この状態でスジボリを行うとガイドテープの食いつきも良くずれの少ない筋が掘れると思います。

スジボリ後に、ペンサンダーのヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨けばよりキレイに見えるようになります。

スポンサードリンク



その2:フロントスカート プラバンでのディティールアップ

お次はフロントスカートですね。

ディティールアップ前にHGですのでフロントスカートの分割を行っておきましょう。

形状的にニッパーを使い真ん中でカットすれば問題無いと思います。

それではプロントスカートをディティールアップします。

0.5㎜のプラバンを以下のようにカットしたものをタミヤセメントで貼り付けます。

左右用に2枚必要になるのでプラバンを2枚両面テープで貼り付けアメイジングカッターで一気にカットし作成した方が楽ですね。

詳しい使い方は以下のリンクを参照してみてください。

久しぶりのマテリアル紹介ですね(笑) 今回ご紹介するのはプラバン工作の必須アイテム・・・・ ゴッドハンド  アメイジングカッター...

一枚ずつカットするよりもサイズは同一に作れますし、作業時間も簡略化されるのでオススメです。

どうしても側面に隙間が出来てしまうと思いますので隙間は瞬間接着パテを流し込み瞬間接着剤硬化剤を使い固めます。

はみ出した分はペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてツライチに磨きNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けば良いでしょう。

最後に元々あったスジボリを1.0㎜のBMCタガネを使い復活させれば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:サイドスカート ディティールアップ

最後にサイドスカートもディティールを追加します。

コチラも結構すっきりしたデザインです。

まずはその1同様に0.2㎜のBMCタガネを使って以下のようにスジボリを追加しています。

合わせて後部に〇モールドを追加します。

1.0㎜のピンバイスにて開口し、

面取りビットにてフチを綺麗に整えます。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

頭部・胸部に合わせてディティールを追加した形ですね。

頭部及び胸部は結構複雑な形状ですが、腰部や腕部はかなりスッキリした作りです。

このあたりのバランスをとってやると密度感が増してよりキレイに見えるようになると思います。

そんな訳で次回もディティール追加をメインに作業していきたいと思います!!

【2020/09/05】

腕部改造開始しました!!

HG00 ガンダムプルトーネ 改造第4回目ですね! 前回の腰部改造に引き続き 腕部を改造していきます。 今...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク