HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 腕部改造編

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第4回目です!!

前回の腰部に引き続き

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第3回目です!! 前回の胸部に引き続き 腰部を改造していきます! ...

腰部を改造していきます!

前回、前々回にも書いていますがココも位置調整がメインですね。

肩部は可動域の移動もあるため少々慎重な作業が求められます。

丁寧に改造していきましょう!

それではさっそく改造スタートです!!!

スポンサードリンク



その1:肩部 位置修正

まずは上記した位置調整ですね。

素組状態からですが、この肩部が少々胸部から離れすぎている且つ下側に付き過ぎている感じがします。

そのため胸部との接続部の位置を調整していこうと思います。

その前にまずは肩部合わせ目を消しちゃいます。

前後の挟み込みのため中央にガッツリ合わせ目が出ています。

ココはタミヤセメントをたっぷり塗り30秒~1分程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

この時ポリキャップを挟み忘れないように注意してください。

下の写真のようにプラスチックが溶けてはみ出してくればOKです。

はみ出してこないようだったら再度上記作業をしてみてください。

1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてキレイにツライチにしておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

このとき先端部も合わせてシャープに削り込んでやると良いと思います。

ココからは位置調整ですね。

肩部から伸びるボールジョイント部をなるべく棒部分を残すようにエッチングソーを使いカットします。

カット面は先ほど同様にペンサンダーで磨きツライチにしておきましょう。

ココに元々の取り付け部より1㎜程下側に3.0㎜のピンバイスにて穴を空け

先ほどカットしたボールジョイント部を埋め込んでタミヤセメントにて再接着します。

ピンバイスにて穴をあけるときは1.0㎜のピンバイスにて中心部に穴を空けてから3.0㎜のピンバイスで穴を広げてやると良いと思います。

ココは可動域となるため可能な限り触らず完全硬化するまで放置します。

ワタシは3日ほど置いていますが、出来たら1週間ほど待った方が良いと思います。

こうすることで肩部の位置が上且つ胸部に近い位置に移設することが出来ました。

スポンサードリンク



その2:上腕部スジボリ追加

お次は上腕部ですね。

筒状のシンプルな上腕です。

ココは0.2㎜のMr.ラインチゼルを使い側面にスジボリを追加しています。

スポンサードリンク



その3:下腕部 ディティールアップ

最後に下腕部をディティールアップします。

形状的にはシナンジュっぽいパーツですが、先端部はシャープ化します。

合わせてクリアパーツ内部の◎モールドをメタルバルカン化してキラリと光る感じにします。

1.0㎜のピンバイスにて開口し同じく1.0mmのメタルバルカンを埋め込めばOKです。

現状はハメているのみです。

塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

バランス的にはこれで調整完了ですね。

素組に比べてだいぶ変更されています。

腰部の位置調整、肩部の位置調整で脚部が少し長く見えるようになっています。

良い感じになっていると思います。

残すは脚部とクローク部・武器ですね。

もう少しで完成まで持っていけます。

ココからはそれほど大変な改造は無いためサクサク改造していっちゃいましょう!!

【2021/11/24】

脚部改造開始しました!!

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第5回目です!! 前回の腕部に引き続き 脚部を改造していきます! ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク