HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 【ガンダムAGE-1 レイザー】脚部改造編

HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 改造

ガンダムAGE-1レイザー 第5回目です。

前回の腕部改造に続き

HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 改造 ガンダムAGE-1レイザー 第4回目で...

残った脚部を改造していきます。

脚部は結構良く出来ているためサクッと改造して完成させちゃいましょう。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:股関節部合わせ目消し

腰との接合パーツですね。

AGE-1に限ったモノでは無いですが00~AGEくらいのHGキットはこのパーツが外れやすい印象があります。

また中央部に合わせ目が出てしまっているため強度保持を兼ねてしっかりと合わせ目消しをしておきましょう。

上の写真の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗って30秒~1分ほど放置してからパーツ同士をくっつけます。

セメントでプラスチックが溶けてはみ出してくればOKです。

はみ出してこなければセメントを塗るところからやり直してみてください。

はみ出した状態のまま1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:モモ部分割位置変更

レイザーのモモ部は前後のハメ合わせになっていますね。

少し味気ないため接続部の位置を上記赤点線部に変更します。

赤点線部にてエッチングソーにてカットし青点線部はその1同様にタミヤセメントにてくっつけて合わせ目処理をします。

よくある分割線的な表現にしました。

スポンサードリンク



その3:スネ部 シャープ化

スネ部はブレード部をシャープ化します。

上下ともですね。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープにとがらせていきましょう。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その4:足部合わせ目消し

レイザーの足部は左右のハメ込み式です。

前後とも結構ガッツリ合わせ目が出ているためしっかりと消しておきましょう。

やり方はその1同様ですね。

上の写真の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗って30秒~1分ほど放置してからパーツ同士をくっつけます。

この時ポリキャップを入れ忘れないように注意してください。

はみ出した状態のまま1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきましょう。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造は終了となります。

レイザーとしてはこれで完成ですね。

このあと少しだけグレイダスの改造が残っているためそちらの改造がすんだら合わせて塗装してきます。

完成まではもう少しお待ちください。

【2022/06/02】

完成しました!!

HG ガンダムAGE-1 レイザー・・・ 完成です! AGE-2同様いろいろ考えてたら完成がだいぶ遅くなりました(汗) ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク