HGUC ファントムガンダム → ブラン・ファントム 胸部改造編

HGUC ファントムガンダム → ブラン・ファントム改造 第2回目です。

前回の頭部改造に引き続き

2022年06月18日 にプレバンより発送されたHGUC 1/144 ファントムガンダム・・・ ファントムV2改に続きブラン・ファント...

胸部改造を行っていきます~

あんまり違いが無いように見えて結構違う箇所ですね。

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:胸部中央形状変更

ブラン・ファントム の胸部中央はどくろマークから五角形のディティールに変更になっています。

まずはどくろマークをデザインナイフでカットしてしまいます。

カット面はヤスリがけをして綺麗にしておきましょう。

ココは狭いため手作業にてNo.400→800の順で磨いておくと良いと思います。

ココにコトブキヤ P125 「5」の下部を少しカットしたものをタミヤセメントにて貼り付けて五角形のディティールを作成しています。

スポンサードリンク



その2:腹部上側 形状変更

ブラン・ファントムはファントムガンダムに比べて少し腹部中央部の赤いパーツが大きいですね。

上の赤点線部をエッチングソーにてカットして腹部を大きくします。

もちろん赤いパーツとの隙間が出来てしまうので赤いパーツはエポキシパテを盛って大型化します。

まずは先ほどカットした部分に剥離剤としてメンタムを塗り、赤いパーツ上面にエポキシパテを盛りつけてパーツ同士をくっつけます。

5~6時間程度放置して半硬化状態になったら緑色のパーツから取り外してさらに1日程度放置して完全硬化を待ちます。

完全に硬化したらペンサンダーにはNo.240のヤスリを付けてツライチに削ります。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルになるまで磨いておけばOKです。

こうすることで腹部パーツを延長できます。

スポンサードリンク



その3:腹部下側形状変更

その2にて改造したパーツの下側及び側面ですね。

ファントムとは違い少しグルリと枠がある感じです。

上の写真の赤点線部に1.0㎜にほぞ切りした1.0㎜のプラバンを貼り付けて一回り大きくします。

合わせて側面のディティールは瞬間接着パテにて塞ぎ、瞬間接着剤硬化剤にて固めてしまいましょう。

最後に腹部下側のパーツを少し浮かし気味に取り付けて形状を再現しています。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

コックピットハッチ周りは結構形状が違っていましたね。

とは言えこの後もそんな感じの改造が続きます。

頑張って最後まで改造続けていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク