HGIBO ジークルーネ 胸部・腰部改造編

HGIBO ジークルーネ 改造第2回目です!

前回の頭部改造に続き・・・

2022年06月18日 に発売されたHGIBO 1/144 ジークルーネ・・・ レビューに続き・・・ さっそく改...

胸部・・・

と腰部を改造していきます!!

旋回少し書いたようにジークルーネは塗装に少し凝ってみたいと思っていますのでベースの改造はベーシックに行っていきたいと思います。

それでは早速スタートです~

スポンサードリンク



その1:◎モールド開口処理

襟部の◎モールドですね。

ココは1.0㎜のピンバイスにて開口します。

フェイス部同様に今回はピンバイスで開口するのみですね。

合わせて脇後ろの部分も同様に開口しておきます。

リアスカートに関しては〇モールドは開口後

メタルボールを埋め込み、中央の3㎜穴はコトブキヤ P114 「3.5」にてふさいでいます。

向かって右側がメタルボールを埋め込んだ状態、左側が開口した状態ですね。

現状埋め込んでいるのみなので接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

またマルイチモールドはグレー系で塗装後つや消しを吹いてからタミヤセメントにて接着します。

スポンサードリンク



その2:シャープ化

胸部中央部とフロントスカートをシャープ化していきましょう。

上の写真の赤点線部をペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルになるまで磨いておけばOKです。

スポンサードリンク



その3:ヴァルキュリアレイピア 改造

最後にヴァルキュリアレイピアを改造していおきます。

先端のゴールド部分は左右合わせのためガッツリ合わせ目が出ます。

また微妙にディティールっぽくされているため大きめです。

ココは瞬間接着パテにて塞ぎ、瞬間接着剤硬化剤にて固めてしまいましょう。

パテが硬化したらペンサンダーにNO.240のヤスリを付けてツライチに仕上げましょう。

この時先端部もシャープ化しておくと良いですね。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルになるまで磨いておけばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

サクッと簡単仕上げですね。

上記していますが今回は外装をキャンディ塗装して仕上げていこうと思っています。

紺色の部分は通常のメタリック塗装、内部フレームは艶消しとして塗装での差異を際立たせてみようと思います。

そのため各部改造はサックリと終わらせ少し塗装に時間をかける予定です。

そんな訳で次回は胸部と腰部を一気に改造していきます!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク