HGTWFM ベギルベウ レビュー開始!!

2022年08月06日 に発売された HGTWFM ベギルベウ レビューとなります!!

お値段 1,760円(税込)となっております。

ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』本編の前日譚「PROLOGUE」に登場のMSとなります。

それではさっそくレビュー開始です!!

スポンサードリンク



外箱

まずは外箱からです。

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』専用のパッケージ!!

・・・かなりキレイめなデザインですね。

側面です。

スポンサードリンク



説明書

コチラも『機動戦士ガンダム 水星の魔女』専用のモノです。

形式番号はまだ設定されていないのかな?

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。

Bランナーです。

Cランナーです。

Dランナーです。

E・Fランナーに簡易台座とリード線にシールです。

ポリキャップレスキットですね。

スポンサードリンク



本体

それでは本体を4面からグルリと。

さらに斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ

ポーズを決めて

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

上側30度、下側10度程と良く動きます。

左右は首が長めのため引っかかることも無くグルリと一周回ります。

●胸部

今までのガンダムプラモと違い、胸部⇔腹部+腰部と言った構成です。

前後は前30度程度・・・

後ろはほぼ動きません。

左右は20度程度とHGとしては標準くらいですね。

バックパックは下部ウイング部が100度ほど可動

また個別に中央にて展開します。

ノンキネティックポッド保持部も軸可動にてグルリと回せます。

ノンキネティックポッド自体は差し替えにてリード線で射出状態を再現可能です。

専用の台座も付いてきます。

●腕部

肩部は120度、肘部は120度、手首はグルリと10度程度と少々物足りないかな?

肩部は前方に45度ほど引き出せますがあまり引き出すとポロリします。

●腰部・脚部

股関節はサイドスカートが無い関係で結構柔軟に稼働します。

フロントスカートは60度ほど前後に稼働します。

左右は180度しっかりと開きます。

足首は左右45度くらい曲がりますね。

股関節も前後180度開きます。

リアスカートの関係で少し逃がしてやる必要はありますね。

足首は前30度、後ろ45度くらいですね。

膝関節は160度ほど曲がり、片膝立ちもはしっかり決まります。

脚部クローは前及び後ろ2本がそれぞれ稼働します。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

今までのガンダムでは見たことのない独特なデザイン。

目?耳?部もクリアパーツにてしっかりと色分けされています。

一応シールも付いてきます。

首部がしっかりと造形されているのも良いですね。

●胸部・腰部

胸部もしっかりと色分けされています。

形状的にルブリスよりも再現性は高い感じです。

バックパックも概ね色分けされています。

スラスター内部及び下部ウイング内部はシールでの色分けですね。

胸部に限りませんが長方形型の凹部はスミイレが必要ですね。

●腕部

コチラもしっかりと色分けされていますね。

手はなんか大柄な作りの印象です・・・

武器持ち手のみなのも残念ですがベイオネットは手首の凹部にしっかりと接続しポロリ防止になっているのは良いですね。

●脚部

足部も良く色分けされています。

ヒザ内側は別途稼働パーツがありますね。

つま先のクロー部先端のみ塗装が必要ですね。

足裏はクロー裏側に肉抜き穴有です。

●武器類

ベイオネットです。

剣部は実体剣のためクリアパーツでは無いです。

ノンキネティックポッドです。

ノンキネティックポッドは射出状態用にリード線及び専用台座付きです。

スポンサードリンク



作成

HGとしては普通くらいの感覚ですね。

ワタシは1時間かからないくらいでしたね。

とは言え簡易とは言え武器用台座が付くなどしっかりとした作りです。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は87点です。

カッコよさ:90点

作りやすさ:85点

値段          :80点

遊びやすさ:85点

と言ったところです。

カッコよさに関しては

今までに無い形状のMSですね。

形部さんデザインかな?

かなりスマートな女性的な見た目ですね。

そのため大柄な手のパーツがかなり残念です。

細い平手が欲しかったですね・・・

パーツ数はそれなりですが、コチラもパーツ割りなどはさすがの最新キット!

各部分かりやすいパーツ構成かつ作りやすい構造になっています。

値段に関してはランナー数に比べれば概ね適正金額ですね。

パーツ数はそれなりにありますし、クリアパーツもキレイです。

可動に関してはHGとして各部標準もしくはそれより上の稼働域を確保しているのでブンドドしてポージングに困ることは無いと思います。

ポロリも少なめですし、ギミックもあるのでガシガシ遊べるキットですね。

デザイン的に足部が小さいため立たせるのには少々コツがいる感じですね。

その辺りだけちょっと残念ですがしょうがないですね。

以上!!

HGTWFM ベギルベウ レビューとなります!!

対ガンダム(GUND-ARM)特化機と言った印象のMSですね。

見た目も異様感があって良い敵MSだと思います。

ルブリス同様にコイツもこれから改造に入ります!!

コイツはそのまま綺麗に仕上げていく予定です。

見た目的にはホワイト部をパール調で仕上げて見ても面白いかも?

【2022/08/09】

改造開始しました!!

2022年08月06日 に発売された HGTWFM ベギルベウ・・・ レビューに引き続き・・・ 早速改造していき...
HGTWFM ベギルベウ 改造 第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き・・・ 胸部と腰部を合わせて改造していき...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク