HG ガンダムファラクト バックパック改造編

HG ガンダムファラクト 最後の改造です!

前回の脚部改造に引き続き

HG ガンダムファラクト 改造第4回目です! 前回の腕部改造に引き続き 脚部を改造していきます!! それで...

残ったバックパックを改造していきます!!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肉抜き穴埋め

バックパックからの接続軸ですね。

ココはエポキシパテにて埋めてしまいます。

多めにエポキシパテを盛って一日程度放置します。

エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてツライチに整えていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:合わせ目消し

側面部のフィンは上下の貼り合わせの関係で側面に合わせ目が出ます。

ココはタミヤセメントを使い合わせ目消しを行います。

上の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗り30秒程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

内部パーツはスラスター部のみカットして後ハメ加工しておきます。

セメントでプラが溶けてはみ出してくればOKです。

はみ出してこないようであれば再度タミヤセメントを塗るところからやり直してみてください。

はみ出して来たらそのまま1日程度放置してセメントが硬化するのを待ちます。

硬化したらペンサンダーにはNo.400のヤスリを付けてツライチに削ります。

上の写真のようにツライチになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:スジボリ追加

スラスター部ホワイトのパーツにスジボリを追加しています。

前面部

後面部ですね。

前回同様に0.5㎜のMr.ラインチゼルで追加しています。

スポンサードリンク



その4:スラスターメタルパイプ埋込

最後に後ハメ加工したスラスター部の◎モールドをメタルパイプに置き換えます。

1.5㎜のピンバイスにて開口し

1.5㎜のメタルパイプを埋め込みます。

現状は置いてあるだけなので塗装後に樹脂製接着剤にて接着します。

それまで無くさないようにしてください。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造は終了となります。

この後は塗装ですね。

完成品のお披露目まで今しばらくお待ちください。

【2023/01/06】

完成しました!!

HG ガンダムファラクト・・・ 完成です!! 少し差し色を入れて色数を増やしてみました。 それではさっそく完成品の...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク