HG ガンダムファラクト 脚部改造編

HG ガンダムファラクト 改造第4回目です!

前回の腕部改造に引き続き

HG ガンダムファラクト 改造第3回目です! 前回の胸・腰部改造に引き続き 腕部を改造していきます!! そ...

脚部を改造していきます!!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:スジボリ追加

各部にスジボリを追加しています。

モモ部は側面上部

スネ部はホワイトのパーツ

足部はアンクルガードですね。

今回は0.5㎜のMr.ラインチゼルで追加しています。

他の箇所同様にレッドチップを付ける予定です。

スポンサードリンク



その2:ディティールアップパーツ貼付

合わせてアンクルガード側面にディティールアップパーツを貼り付けます。

側面部にコトブキヤ P125 の「6」をタミヤセメントにて貼り付けます。

スポンサードリンク



その3:スプリングパイプ置換

スネ後ろ側のパイプのモールドですね。

HGのパイプはどうしても一体成型のなってしまっているので少々物足りないです。

一度パイプのディテールをニッパーでカットしペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨きます。

元々パイプのモールドがあった根元部に1.5㎜のピンバイスにて開口し同じく1.5㎜のスプリングパイプを同じサイズにカットしたものを通します。

これにて改造完了ですね。

スポンサードリンク



その4:ビームアルケビュース 改造

最後にビームアルケビュースを改造します。

ココは簡単に銃口部を3.0㎜のメタルパイプに置換し各○モールドを開口もしくはエッチングパーツに置き換えます。

こんな感じに仕上げています。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

これにて残すはバックパックのみですね!!

最後の改造もサクッと終わらせてしまいましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク