HGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット グレイズ(ダインスレイヴ搭載機) 頭部改造編

それでは始まりましたHGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット グレイズ(ダインスレイヴ搭載機)頭部改造編です!!

・・・題名を見てもらえば分かるように(苦笑) 題名がクッソ長いので、今回はセリフ無しで行きます!!

サムネの画像のみとします!!

それではさっそく改造していきます!!

スポンサードリンク



その1:センサーのディティールアップ

グレイズ(ダインスレイヴ搭載機)の頭部センサーは新規パーツでの再現となっています。

元々のパーツと新規パーツを並べてみました。

造形的には元々のパーツに望遠センサーを取り付けたような形状になっています。

(センサー伸びてるのかな?)

コチラはしっかりとモールドが入っています。

一応シールも付いていますが、今回はVCドームを貼り付けてディティールアップをします。

元々は・・

VCドーム貼り付け後は・・・

・・・どうでしょうか?

これだけでスゴイ変化に感じられます(笑)

ものスゴイキレイですよね。

ワタシは丸型のセンサーにはほぼVCドームを使用しています。

一度使うと離れられません(笑)

VCドームの接着は塗装後に行います。

塗装後の接着時には2液式のエポキシ性クリアボンドを使うことをオススメします。

今は両面テープにて貼り付けているだけです。

スポンサードリンク



その2:スジ彫りの追加

グレイズ(ダインスレイヴ搭載機)の頭部はセンサー部以外は通常のグレイズと同様です。

元々それなりにディティールが入っている機体です。

そのままでも悪くは無いのですが、少しだけスジ彫りを追加します。

が!!その前に頭部外装は結構ニッパー跡が目立つため、まずはペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてニッパー跡の処理しましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

写真の赤〇の箇所はニッパー跡です。

青〇の箇所は少々角が丸まってしまっているので気になるようでしたらヤスリがけをしてシャープにしましょう。

それでは、キレイになったらスジ彫りを追加していきます。

こんな感じです。

スジ彫り自体は0.3mmのBMCタガネにてガイドテープに沿ってスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その3:メタルパーツの埋め込み

さて、コチラも定番の改造です。

今回は下の写真の位置にメタルボールを埋め込んでいます。

使用したメタルボールは1.0mmのモノになります。

1.0mmのメタルボールの埋め込みには1.1mmのピンバイスを使い開口し、その後、面取りビットを使い周囲をキレイに整えてメタルボールを埋め込みます。

メタルパーツの接着は塗装後に行います。

接着時には2液式のエポキシ性クリアボンドを使うことをオススメします。

今は位置確認のためにはめ込んでいるのみです。

小さなパーツですので無くさないように注意して保管しましょう。

以上にて頭部改造は完了です。

比較的簡単な改造でしたね。

それでも無改造品と比べると・・・

すげぇ変更したように感じられます(笑)

センサー系は別パーツにするとたちまち「改造した」って感じにしてくれます(笑)

元々地味目なグレイズですが、今回はダインスレイブ搭載機と言うこともありますので、少々高貴なイメージで?仕上げていければなぁと思っております。

塗装やデカールでの見せ方がメインになるとは思いますが、完成を楽しみにしていてください!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク