HGBD セラヴィーガンダムシェヘラザード 脚部改造編「目標を壊滅させる」

HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード

今日で本体は最後の改造となります!!

・・・残るはプトレマイオスアームズ のみとなります(笑)

スポンサードリンク



その1:腿部2個イチ化

腰部編にて股関節をHG ガンダムバエルのものと交換しました。

本日のHGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード は腰部の改造を行っていきます!!スポンサードリンク ...

腿部はどうしようかと考えていたのですが、セラヴィーガンダムシェヘラザード の腿部は股関節との接続パーツと一体化しており、且つモールドも無くツルンツルンなんですよね~

そんな訳で使用しない方向に決めました(笑)

HG ガンダムバエルのものをそのまま使用したいと思います。

ガンダムバエルの腿部はかなりディティールも入っており、膝部も180度曲がるためそのまま使ってしまおうという感じです。

股関節部との接続はそのままいけますが、ひざ下のパーツとは少々改造しないとくっつきません。

そのため、ガンダムバエルの膝パーツにひざ下パーツとの接続穴を空けていきます。

3.0mmのピンバイスにて以下の写真の位置に穴を空けます。

こうすることでセラヴィーガンダムシェヘラザード のひざ下の内部パーツと簡単に接続できるようになります。

スポンサードリンク



その2:脛部ディティールアップ

まずは脛部下にあるスラスター部を開口していきます。

胸部の改造での行いましたね。

少々間延びしてしまっています(汗)HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード今回は胸部の改造を進めていき...

セラヴィーガンダムシェヘラザードは各パーツがデカイためか、最近のHGでは開口されているようなディティールもモールドで済まされているケースが多いです。

(セラヴィーガンダムとの共通パーツなので少々古いからかも・・・)

ですので、まずは開口する部分の四隅 + α を1.0mm程度の細いピンバイスで穴を空けます。

空けた穴をニッパーでカットし穴を空けます。

この時裏側の接続用の穴が少し邪魔になると思いますので下の写真のように90度分をカットしましょう。

その後は胸部改造と同じ要領でデザインナイフを使ってデッパリのカットを行い、最後にカンナがけをしてキレイにします。

上の写真のようになればOKです。

お次は脛部中央のスラスター?的なモールドをディティールアップパーツにてはっきりさせましょう。

今回はコトブキヤ P104 ダクトノズル の「2」を貼り付けます。

セメントで接着すれば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:足部ディティールアップ

最近あまり全体的なヤスリがけについては書いていないのですが、セラヴィーガンダムシェヘラザードの足部に関してはしっかりとしたヤスリがけが必要なようです・・・

たまたまハズレを引いてしまったのかもしれませんが、大して大きいパーツでも無いのにヤケに歪んている状態でした・・・・

No.400のヤスリでも歪みが取れづらかったので今回はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて形状出しを行った後にNo.400→800と磨いてキレイにしています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

面が平らになったら、以下の写真のようにディティールを入れていきます。

まずはセンターに0.5mmのBMCタガネにてスジ彫りをしていきます。

その後、サイド部にディティールアップパーツを貼り付けます。

今回はコトブキヤ P119 丸モールド III の「5.0」を貼り付けています。

スジ彫りもそうですが、足部は前後2つ(ディティールアップはそれが左右に2つ)、さらに右足・左足でそれが倍とかなりの量になります。

簡単な作業ですが、量が多いためイライラしないように少しずつ進めていくことをオススメします(苦笑)

これにて脚部の改造は完了となります。



スポンサードリンク





その4:GNフィジカルバズーカの改造

脚部の改造に合わせてGNフィジカルバズーカの改造を行っていきます。

ホントは腕部のときに行う予定でしたが、すっかり忘れてました(汗)

まずは合わせ目を消してしまいましょう。

GNフィジカルバズーカは一部段落ちモールドとして処理されているので全体を合わせ目処理する必要はありませんが、下の写真の赤線部はしっかりと処理が必要です。

①上の写真の赤線の位置にセメントをたっぷり塗ってパーツをくっつけます。

②30秒~1分程度放置します。

③パーツ同士をくっつけます。(セメントで溶けたプラスチックがはみ出してくればOKです。)

※この時パーツの入れ忘れには十分注意してください。

④1日程度放置して乾燥させます。

⑤接着面をペンサンダーにNo.400→800のヤスリを順番に付けてキレイに磨きます。

合わせ目消しが終わったら、GNフィジカルバズーカの銃口部にメタルパーツを埋め込んでいきます。

今回は3.0mmのメタルプレートにVCドームを貼り付けてディテールアップをしています。

上の写真は両面テープで貼り付けているのみで接着は塗装後に行います。

接着には樹脂製の接着剤を使用します。

この改造はお手軽にキレイな改造が行えるためオススメの改造方法ですね。

さて以上でセラヴィーガンダムシェヘラザードの改造はすべて完了となりました。

次回プトレマイオスアームズの改造を行って改造は完了となります。

プトレマイオスアームズは単品でも発売されますが、なかなかに厄介なシロモノです(苦笑)

パーツ分割は素かなり頑張っているのですが、安全対策やバーニアの処理なんかが、雑なんですよね・・・

コレHGBCシリーズ全体的に言えることなのですが・・・

新人研修的なものなんですかねぇ?

がっかりパーツが多めです・・・

そんな訳であと1回だけ続きます。

今しばらくお付き合いください!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク