RG フォースインパルスガンダム → RG ソードインパルスガンダム 腕部改造編 【なんでアンタは・・そんな奇麗事をいつまでも!!】

RG フォースインパルスガンダム → RG ソードインパルスガンダム 改造

腰部に引き続き

RG フォースインパルスガンダム → RG ソードインパルスガンダム 改造 胸部改造から少し間が空きましたが・・・ 今回...

今回は腕部を改造していきます。

合わせてエクスカリバーレーザー対艦刀も改造していきます!!

ソードシルエットのメイン箇所ですね!!

さっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:上腕部 ディティールアップ

改造開始時にも書いていますが、腕部・・・特に肩部はRG独特のディティール含めかなり細かめにディティールが入っています。

中央部は空いていますが、デカールも貼りたいですしね(笑)

ですので改造部分としては少なめですね。

まずは上腕部ですが、少しディティールが少なめな側面に0.5㎜のプラバンを1㎜×2.5㎜に細切りしてディティールを追加しています。

スポンサードリンク



その2:下腕部 スジボリ追加

お次は下腕部ですね。

回転軸がある箇所に0.5㎜のBMCタガネにて2㎜ほどスジボリを追加しています。

このスジボリは前後に追加しています。

この時合わせてパーティングラインも消してしまいましょう。

下腕部はグルリとパーティングラインが出ています。

キレイに作られているインパルスで唯一のパーティングラインかな?

ペンサンダーにNo.400のヤスリをつけてパーティングラインを削っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

パーティングラインが消えたらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:エクスカリバーレーザー対艦刀 ディティールアップ

ココが今回のメインの改造場所ですね。

エクスカリバーレーザー対艦刀をディティールアップしていきます。

まずは先端をシャープ化していきます。

HGより持ってきているため、さすがに先端が丸まっています。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてガリガリと削っていきます。

上の写真のように形状が整ったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順でヤスリを交換しながら磨いていきツルツルになるまで磨けばOKです。

合わせてソードシルエットとの取り付け部を修正します。

もともと凸部にてソードシルエットと接続していましたがそれをニッパーなどでカットします。

中心部に肉抜き穴が現れるのでココはエポキシパテなどで埋めてしまいます。

埋めた後はニッパー跡含めてペンサンダーにNo.400のヤスリをつけてツライチに磨いておきましょう。

ディティールとして1.0㎜のBMCタガネで1㎜ほどスジボリを追加して作業完了です。

スポンサードリンク



以上で今回の改造は完了です。

ほぼほぼエクスカリバーの改造でしたね(笑)

これにて残すところは脚部とフラッシュエッジビームブーメランのみとなります!!

もう少しで完成となりますので最後まで頑張って改造していきましょう!!

【2020/05/16】

脚部改造開始しました!!

RG フォースインパルスガンダム → RG ソードインパルスガンダム 最後の改造ですね・・・ 大分時間が空いてしまいましたが(汗) ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク