HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス 頭部改造編 【あ。初めまして。あなた達がビルドダイバーズ?】

2020年12月05日に発売されたHGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス・・・

先ほどのレビューに引き続き

2020年12月05日に発売された HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウスレビューを開始します。 お値段 2,6...

さっそく頭部改造から開始していきます!!

まずは、いつも通り頭部から改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:アンテナのシャープ化

新規のアンテナですね。

2つ入っているので最悪1個はミスできます(笑)

さて新規のアンテナですが・・・

結構丸まっている上に安全対策も上の2つは大きめです。

まずはざっくりとニッパーでカットします。

その後、ヤスリがけにてキレイに整えていきます。

今回はペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて以下の赤斜線部を慎重にヤスリがけをしていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上記写真のようにシャープになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:バルカンのメタルパーツ化

00スカイメビウスのバルカンはは残念ながら一体成型です。

ですのでココはメタルパーツに置き換えていきます。

1.0mmのピンバイスにてバルカン部を一度開口し

同じく1.0mmのハイキューパーツ製のメタルバルカンを埋め込んでいます。

向かって右側がメタルバルカンを埋め込んだ状態、左側がピンバイスで穴を空けた状態ですね。

現状は差し込んでいるのみで、接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

それまで無くさないようにしっかりと保存しておいてください。

スポンサードリンク



その3:合わせ目消し + 後ハメ加工

00スカイメビウスのヘルメット部は前後のはめ込み式です。

側面部は一部段落ちモールド化されていますが完全ではありません。

ココは下の写真の赤線部に瞬間接着パテを盛ってパーツ同士をくっつけます。

この時合わせてフェイス部の接続ピンをニッパーでカットしておきます。

はみ出した部分に瞬間接着剤硬化剤を使い固めます。

瞬間接着パテが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてはみ出した瞬間接着パテを削り取ります。

上記写真のようにツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その4:頬パーツ シャープか

レビュー時にも書きましたが、首パーツが少々短いためか顔を横に向けた際に少々頬が胸部パーツに引っかかります。

横を向く際に綺麗に狙った位置に頭部を決めるのが難しいですね。

また先端が丸まっているため見た目をも良くないためシャープにしていきます。

上の写真の赤斜線部をペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて慎重に削っていきます。

最終的には下の写真のようになりました。

これにより頭を回転させた際の引っ掛かりが減り、斜めを向いても顎を引けるようになっています。

これでポーズもしっかりと決まります!!

スポンサードリンク




以上にて頭部の改造は完了です。

シャープ化によりだいぶ見た目が良くなったと思います。

顔はキットの命です!!

自分好みのフェイスになるようにいろいろと研究してみると面白いと思います。

この調子で各部しっかりと改造していきましょう!

【2020/12/10】

胸部改造開始しました!!

HGBD:R ガンダムダブルオースカイメビウス 改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き 今回は胸部の改造で...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク