MG ブレイジングガンダム 脚部改造編

大分時間が空いてしまった MG版 ブレイジングガンダム改造・・・

少しずつ続けております(汗)

前回の腕部改造に続き

MG版 ブレイジングガンダム改造 第4回目ですね。 前回の腰部改造に続き 腕部を改造していきます。 改造箇...

脚部を改造していきます。

コチラはある程度いろいろなキットからパーツを寄せ集めて作成していけそうです。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:ヒザアーマー 作成

脚部は基本的にMG F91 Ver.1.0を使用しています。

形状的には結構近いためモモ部などはそのまま使えますね。

大きく違うヒザアーマーですが、これはMG ガンダムサンドロック EW版 より拝借していきます。

もちろんそのままでは付かないため、まずはMG F91側の不要なダクト部をエポキシパテを使って埋めていきます。

上記写真の赤斜線部にヒザアーマーを外してから埋めていく感じですね。

1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて表面を整えています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようにツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨きます。

ココにMG サンドロックのヒザアーマーを取り付けますが、サイズが少々合わないためサンドロックのヒザアーマー内側に同じくエポキシパテを埋め込んで形状を整えます。

先ほどダクトを埋めたF91脚部にマスキングテープを貼り付けて、マスキングテープにメンタムを塗って剥離剤とします。

ここにサンドロックのヒザアーマーをムニュっとくっつけます。

側面部は綿棒などである程度整えておきましょう。

1日程度放置してエポキシパテが硬化したらパーツをはがして先ほど同様に形状を整えます。

下の写真の赤斜線部は平らに削り込んで

コトブキヤ P126を貼り付けて作業完了です。

スポンサードリンク



その2: アンクルガード 改造

お次はアンクルガードですね。

コチラも基本はMG F91のモノを使います。

側面のダクト部は外しておいてください。

このパーツにMG ゴッドガンダムの手甲部を取り付けます。

写真の赤斜線部をエッチングソーにてカットし取り付ける形ですね。

合わせて上に載っている爪部も1本にカットして接着します。

側面部のディティールはMG ゴッドガンダムのモノでは大きすぎたためHGFCゴッドガンダムのモノをカットして貼り付けています。

スポンサードリンク



その3: 足部 改造

最後に足部ですね。

コチラもMG F91のモノを使います。

ココは形状が結構似ているので楽ですね。

まずは下の写真の青斜線部をエッチングソーにてカットし、甲のホワイトのパーツはエポキシパテにて埋めてツライチにします。

先端部はコトブキヤ P126を貼り付け、側面部には1.0㎜のプラバンを

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

概ね完成ですね!

後はバックパックを残すのみです。

バックパックと合わせて、全体的にスクラッチ部分が多かったため一度仮サフして細かい修正を入れながら次回で完成としたいです。

あと1回にて完成となりますのでもうしばらくお付き合いくだされば・・・

【2022/03/03】

バックパック改造開始しました!!

MG版 ブレイジングガンダム 最後の改造です・・・ 前回の脚部改造に続き 残ったバックパックを改造していきます。...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク