HG ガンダムファラクト 胸・腰部改造編

HG ガンダムファラクト 改造第2回目です!

前回の頭部改造に引き続き

2022年12月17日 に発売された HG ガンダムファラクト ・・・ レビューでも書いたように さっそく改造し...

胸部・・・

と腰部を改造していきます!!

水星の魔女系のガンダムキットは胸部と腰部が途切れないようなデザインラインが多いですね。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:シャープ化

まずは各部シャープ化ですね。

胸部左右のイエローのパーツと

腰部フロントスカート下部をシャープ化します。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

シャープになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:スジボリ追加

ファラクトの胸部・腰部は結構しっかりとディティールが入っています。

足りない箇所に少しだけディティールを追加します。

スジボリは以下の箇所に追加しています。

赤点線部は0.2㎜、青○部は0.5㎜のMr.ラインチゼルで追加しています。

また青○部はレッドチップを付けています。

これはハイキューパーツ 円形メタリックシールの余白をデザインナイフで細切りしたモノを貼り付けています。

HG デミトレーナー (チュチュ専用機)でも少し同様の処理をしていますが

HG デミトレーナー (チュチュ専用機)・・・ 完成です!! グエル専用ディランザに続いての「水星の魔女」キット完成とな...

結構ばえます。

スポンサードリンク



その3:プラバン・ディティールアップパーツ貼付

合わせて足りない箇所に少しプラバン及びディティールアップパーツを貼り付けてディティールを追加します。

プラバンは以下の形状にカットした0.3㎜のモノを

フロントスカートにタミヤセメントにて接着しています。

ディティールアップパーツは

コトブキヤ P125の「10」を肩部上面に同じくタミヤセメントにて接着しています。

スポンサードリンク



その4:首部延長処理

最後に首部を延長します。

水星の魔女系のキットは全体的に首が寸詰まりな印象ですね。

ファラクトも結構短い感じ・・・

ココは2㎜ほど延長します。

まずは下の写真の赤点線部にてエッチングソーにてカットします。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてカット面を綺麗にしておきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

カット面に2.0㎜のプラバンをタミヤセメントで貼り付けて硬化するのを待ちます。

1日程度放置してセメントが硬化したら首部形状に合わせてペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて綺麗にツライチにしておきます。

上の写真のように首部後ろには肉抜き穴があるので瞬間接着パテを盛り瞬間接着剤硬化剤にて固めてしまいます。

はみ出した部分はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

胸部接続用のボールジョイントはWAVE ボールジョイント 5mmあたりを使えば良いと思います。

2㎜のピンバイスにて穴を空け、そこにボールジョイントを接続しています。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

首部を延長したことで大分バランスが取れたと思います。

ファラクトは残り腕部・脚部・バックパックの3回で完成させようと思っています。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク