LBX アキレス レビュー

ダンボール戦記より2019年04月13日 より 発売されるLBXHアキレスをレビューしていきます。

基本的には2011年に発売されたモノと同一ですかね?

再販と言う扱いで無い所を見るとダンボール戦記シリーズの再起動ということでしょうか?

現状、装甲娘が展開されるようですが、本家の展開もこれから発表となるのですかね?

さっそくレビュー開始です!!

スポンサードリンク



外箱

側面です。

以前発売されたものとほぼ同様ですね。

説明書

コチラも以前同様

マントはやはり説明書を切り取る形ですね(笑)

スポンサードリンク



ランナー

値段の割には結構ランナー多めでビックリです!!

Aランナー

BランナーとCランナーです。

D1・D2ランナーとポリキャップにシールです。


スポンサードリンク



キット

まずは4面をグルリ

次は斜めからグルリと

カトキ立ちにて

アップです。

文字を入れて
スポンサードリンク



ポーズ集

それではポーズを付けて何枚か

可動域はそれなりに広いです。

BB戦士とHGの中間くらいですかね?

感覚的には初期のHG感覚でポーズを決めれます。

お気に入りのポーズで

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

上は30度、下は10度とそれなりに動きます。

左右はスッキリしたデザインのためグルリと回せます。

●胸部・腰部

胸部と腰部の取り付け部にて一周グルリと回せます。

●腕部

腕部は肩で90度、肘も90度くらいですね。

手首は全周45度くらいですかね。

肩部はボールジョイントのため前後も45度ずつくらい動きます。

●脚部

股関節部は180度程度開きます!!

足首は左右45度くらいと結構曲がります。

ただし股関節は形状的に外れやすいためポロリ多めです。

同じくフロントアーマーとサイドスカートも少々外れやすいです。

前後には90度弱開きます。

リアスカートは固定式のため開くには少し脚部を逃がしてやる必要があります。

足首の前後はは20~30度と普通ですね。

膝部は90度曲がりますので片膝立ちも結構しっかりと決まります。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色分けは現在の目線で見ると少々物足りなさは否めないですね・・・

シールでの色分け箇所が多いです。

・・・とは言え!!

ココは初期版から変更が加えられて新規パーツになっているようですね。

旧パーツも付いているのですが

耳部と目の上側のグレー部が色分けされているのが分かると思います。

大きなトサカがトールギスを思い起こさせますね(笑)

●胸部・腰部

上部の赤ラインや胸部V字はシールですね。

●腕部

肩部・下腕部は成型色にて色分けされていますあが、上腕だけシールなのが惜しいです・・・

●脚部

コチラはしっかりと色分けされていますね。

脛のイエロー(ゴールド?)部も成型色にて色分けされています。

●その他

武器類はアキレスランス及びシールドです。

ランスは黒い成型色なのでシルバーで塗装してやる必要がありますね。

シールドはしっかりとイエロー及びブルーで色分けされています。

スポンサードリンク



作成について

作成自体は結構簡単な部類です。

作成時間は30分程度でした。

ランナー数が6枚と言ってもフルサイズのモノは1枚のみですので実質2枚半くらいですね。

初期HGって感じです。

外装パーツは近年のBB戦士的なタッチゲートのためニッパー跡はほぼわからないのがいい感じです。

またランナーもかなり考えられておりポリキャップは体の形に振り分けられていたり、ランナーに各パーツのマーク(頭部の形状や腕の形状)が明記されているのがかなり印象良いです!!

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は83点と言った感じです。

カッコよさ:85点

作りやすさ:90点

値段          :80点

遊びやすさ:85点

と言ったところです。

主人公機と言うこともあり丁寧に作られた感じのキットです。

現在目線で言えば少々物足りなさを感じる箇所はありますが、当時ダンボール戦記を見ていたファンが再度買ってみるには面白いんじゃないかと思いますが、当時から10年経っていないこの時期ですと懐古と言う意味ではビミョーなタイミングな感じがします。

当時10歳前後の少年が社会人になってお金が出来て、当時好きだったものを買い直して・・・という時期にはまだ早い感じがしますし・・・

新規ファン層の開拓という意味では今後の展開に期待と言ったところでしょうか。

一応YOUTUBE内コロコロチャンネルにてダンボール戦記が公開されています。

・・・現在はこういった形で昔の映像を見せるのもアリになっているのですかね(笑)

時代を感じる展開です。

それでは本キットも改造していきたいと思います。

いろいろ書いていますが、出来自体が悪いわけでは無いので普通に作成して遊ぶ・飾る分には十分なキットだと思います。

そのキットに対して気になる箇所をブラッシュアップしていく形になりますが、それほど改造箇所は多くないと思いますので少しまとめた形で記事にしていく予定です。

最終的に本キットは「暗黒騎士アキレス」になっていくと思います。

・・・色違うだけですけどね(笑)

「暗黒騎士アキレス」はプレバンのみでの展開のため、持っていない方は多いと思います。

塗装が出来るとこういった色違いはある程度簡単に作れるのがいい所!!

ダンボール戦記は個人的にメタリックなイメージが強いので塗装時にもそのイメージを壊さないようにしていきたいと思います!!

【2019/04/16】

改造開始しました。

それではお約束通り、ダンボール戦記 LBX アキレス改造開始します。まずは頭部からですね。レビュー時にも書き...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク