HGUC ペーネロペー レビュー 開始!!

2019年10月26日 ・・・

遂に!

遂に!!発売される!!!

HGUC 1/144 RX-104FF ペーネロペー のレビューになります!!

定価:7,480円 と!!

HGとしては破格の値段となっております・・・

どれほども大物か・・・

さっそくレビュー開始です~

スポンサードリンク



外箱

とりあえずデカイです!!

MGの大型レベルですねぇ(汗)

・・・神々しいパッケージアートですね・・・

側面です。

スポンサードリンク



説明書

こちらはMGのような冊子式の説明書となっています。

スポンサードリンク



ランナー

A1・A2ランナーです。

Bランナーです。

Cランナーは2枚です。

D1・D2・Eランナーです。

F・Gランナーです。

H1・H2・Iランナーです。

J・Kランナーです。

LランナーとMランナー2枚です。

台座とビールサーベルにシールです。

まさかのポリキャップレスキットです!!

スポンサードリンク



キット:ペーネロペー

まずはメインであるペーネロペーをグルリと

お次は斜めからグルリと

カトキ立ちにて

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



キット:オデュッセウスガンダム

フライトユニットを分離させてオデュッセウスガンダムをグルリと

斜めから

アップです。

カトキ立ちにて

あおり目にて

文字を入れて

この状態でも相当なサイズです・・・

スポンサードリンク



キット:フライトユニット

最後は分離したフライトユニットを

斜めから

上から

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを決めて何点か

それでは漫画だよ

ツキはマフティーにむいたか?

そうですが・・・一度ぐらい、ガンダムとはちゃんとやってみたいものです

ハッ、一人がっての戦闘は気をつけます

司令センター!ペーネロペー、出ます

こいつが、マフティーなら・・・?

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

オデュッセウスガンダムは首部は上45度、下側は10度、左右はグルリと一周と結構動きます。

ペーネロペー時はフライトユニットと接続されてしまうため基本は動きませんね。

持ち上げてあげれば少し動きます。

●胸部

オデュッセウスガンダムは左右20度

前後も20度くらいとHG標準程度動きます。

ペーネロペー時はどうにもなりません(笑)

●腕部

オデュッセウスガンダムは肩部で90度、肘部は180度、手首はグルリと20度程度とまずますの可動範囲はですね。

肩部のスラスターは独立可動します。

ペーネロペー時は、頑張れば肩部で45度、肘部で90度くらいは何とか・・・

ペーネロペー変形時は肩部が外側にせり出す作りになっているためバランス的には問題ありませんね。

シールド上部のビーム口?部が前面に展開できます。

●腰部・足部

残念ながら、股関節パーツはボールジョイントですね・・・

重量の問題から仕方がないのでしょう・・・・

ペーネロペー時とオデュッセウスガンダム時では別のボールジョイントを差し替えにて交換します。

可動域はオデュッセウスガンダム・ペーネロペーどちらも100度と言ったところ。

足首は前45度、後30度、左右20度と普通な可動です。

つま先が独立で90度曲がります。

脛外側の補助脚は差し替え無しで一軸ですがしっかりと稼働します。

●脚部

膝はオデュッセウスガンダム時は180度近く曲がりますね。

ペーネロペー時はどうように曲がりはしますがどうにもなりません(笑)

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色分けはかなりしっかりしていますね。

頬部のイエロー、顎部のレッドからのホワイトもしっかりとパーツ分割されています。

●胸部・腰部

コチラも色分けは完璧ですね。

・・・オデュッセウスガンダム時の腰部のディテールが若干変わってる?

ROBOT魂とほぼ一緒で、GFFとは違いますね。

この辺はVer.Ka的なモノなのか?

コンパチの都合だったのか?

今回は映画版の設定と言うことですかね?

●腕部

コチラも色分け造形とも設定通り出来ています。

肩部はかなり大きいですね。

肘のマルイチモールドまで別パーツ化されています。

手も右銃持ち手に平手と握り手が左右とも付いてきます。

シールド部にはもちろんビームサーベルを取り付けられます。

●脚部

脚部もモモ部と脛横のスラスターがホワイトでの造形なのがGFFとは違っています。

ROBOT魂と同一ですね。

こちらが最新の仕様なのですかね。

ペーネロペー時のサイド及びバックの内部のイエロー含めしっかりと再現されています。

コチラもマルイチモールドは別パーツ化されています。

●バックパック

バックパック?は超大型です。

頭部上に張り出したセンサーも色分けにてほぼ完璧に再現されています。

前後の長さ・・・ぱねぇっす!!

●武器類

武器類はベーシックですね。

ビームライフルと

オデュッセウスガンダム時から取り付けられているシールド

そこに付属しているビームライフル兼ビールサーベル

以上ですね。

一応ペーネロペー時の肩部の突起はメガ粒子砲になるようです。

スポンサードリンク



作成について

やべぇですね(笑)

作りはHG的なのですが、サイズとフライトユニットの量が半端無いです!!

作成時間は3時間くらいかかりました(汗)

パーツを探すのが結構大変です。

ランナー数はMG以上ですね。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は82点と言った感じです。

カッコよさ:100点

作りやすさ:75点

値段          :75点

遊びやすさ:80点

と言ったところです。

カッコよさに関してはもうね!!

言うことなしです!!!

発売してくれるだけでウレシイのにこのカッコよさ・・・

マジウレシイです!!

作りやすさに関しては難しいことは無いのですが・・・

やっぱり量がすごいです(笑)

もうこれ以上量のあるHGって出ないんじゃないかってレベルですよね。

値段については

まぁ高いんですけどねぇ・・・

当たり前ですよね!!

ブンドドに関してはフライトユニットとの換装含めて弄り倒しがいのあるキットです。

重量的にブンドドするのは大変ですけどね(笑)

専用のスタンド折れないか、本気で心配になるレベルの重量です。

自重で本体を支えるもの大変なレベルです。

すでに股関節がプラってきている気もします・・・・

なんで常にスタンドに刺されているのか分かりました・・・

飾っておくときは注意が必要そうですね。

以上!!

HGUC 1/144 RX-104FF ペーネロペー のレビューでした。

地味に映画放映時期が延びていますが(汗)

三部作楽しみに待っています!!

それではこの後すぐにコイツの改造に入ります!!

チョット特殊な改造をしていく予定ですので、お見せするのにお時間かかるかもしれませんが、バッチリ改造進めていきますのでご期待いただけれればと思います・・・

[2019/10/28]

HGUC ペーネロペー → HGUC クスィーガンダム 改造開始しました!!

2019年10月26日 に発売された!!! HGUC 1/144 RX-104FF ペーネロペー を・・・・ HGUC ...
2019年10月26日 に発売された HGUC 1/144 RX-104FF ペーネロペー ・・・ まずは頭部をHGUC クス...
HGUC 1/144 RX-104FF ペーネロペー  → HGUC クスィーガンダム 改造第2回目です。 今回は胸部を改造し...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク