HGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック> 足部改造編 【ウバルド・モリーナ ジムⅢブルドック出すぞ!】

HGUC ジムⅢパワードFA <ブルドック> 改造・・・

前回の脚部改造からまたまた時間が空いてしまいましたが(汗)

HGUC ジムⅢパワードFA <ブルドック> 改造・・・ 胸部改造からまたまた大分時間が空きましたが(泣) ...

今回は足部の改造です・・・

と言うか前回残した脚部の残りですね(笑)

ココはやっぱりパーツのすり合わせが大変でした・・・

それではさっそく改造開始です~

スポンサードリンク



その1:スネ内側・後側作成

いきなりですが設定と少々変わっています・・・

ココはどう作っても設定通りに作るのは無理ですね!

アキレス腱の箇所にあるスラスターはジムⅢパワード時から付いているのですが、コレを覆う形に追加アーマーを付けた際に設定画のような形状にするには腿部をものスゴイ大型にする必要があります。

設定画的には結構薄めの追加装甲になっているので今回はそれに沿って作成しています。

腿内側から後ろにかけてはエポキシパテにて作成しています。

ジムⅢの腿にマスキングテープを貼り、その上にメンタムを塗りエポキシパテを剥がしやすくし

その上に多めにエポキシパテを盛ります。

ココからペンサンダーにて形状出しをします。

まずはNo.240 のヤスリをペンサンダーにつけてガリガリと削っていきます。

onjs asin=”B000GB39FQ” locale=”JP” title=”プロクソン(PROXXON) ペンサンダー 【先端形状8種・ペーパー3種付】 No.28594″]

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

形状が出たらヤスリをNo.400 →No.800の順に交換してツルツルになるまで磨けばOKです。

ココに内側にスラスターの四角い凹モールドをデザインナイフで削り込み、横から内側にかけてのラインを1.0mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加すれば作業完了です。

ちなみに上側のマルイチモールドはジムⅢのマルイチモールドにかぶせるようにコトブキヤ P115 マイナスモールド III の8mmを腿内側のエポキシパテ部に接着しています。

スポンサードリンク



その2:アンクルガード作成

アンクルガード部はそれほど難しくは無いですね。

1.0mmのプラバンにて作成しています。

正面だけは1.0mmのプラバンを2枚重ねて厚みを出しています。

そこに1.0mmのBMCタガネにて4すみにスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その3:足部 増設パーツ作成

やっと表題ですね(笑)

足部追加装甲ももれなく1.0mmのプラバンの箱組みですね。

前側は

この上に台形型の凹モールドを付けるために0.3mmのプラバンに上底:1mm 下底:3mm 高さ:2mmの台形型を3個カットしたものを貼り付けています。

後ろ側もこんな感じです。

スポンサードリンク




以上にて脚部すべての改造が完了となりました!!

・・・おっと!!ちなみに腕部のダブルビームキャノンはパーツ取り寄せの関係でHGUC ZZガンダムのビームキャノンに変更しています(苦笑)

パーツが無いときは悲しいですねぇ・・・

これで残るはバックパックのみとなります。

バックパックも大体めどがついていますのでこのまま完成まで突っ走ります!!

もうすぐ完成しますので今しばらくお付き合いください!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク