MG ウイングガンダム スノーホワイトプレリュード 胸部・ノイエツバーク改造 【本物のゼクス・マーキスは戦いに効率を求めない】

それではさっそくMG版 MS(マーズスーツ) ウイングガンダム スノーホワイトプレリュード の続きを改造していきましょう!!

前回の胸部に引き続き

それではさっそくMG版 MS(マーズスーツ) ウイングガンダム スノーホワイトプレリュード を作成していきましょう!! 作成開...

今回は胸部改造 + ノイエツバークユニットの改造となります。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



胸部 ディティールアップ

胸部はMGとは言えさすがに昔のキットのためディティールはあっさり目です。

GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITEのスノーホワイトプレリュードに合わせてディテールを追加していきます。

まずは中央部のクリアパーツを6mmのVCドームに置き換えています。

基本的な改造ですね。

お次はスジ彫りを追加しています。

赤線部は0.3mmのBMCタガネにて、青線部は1.0mmのBMCタガネにて追加しています。

スポンサードリンク



以下の箇所は0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りをした後に中をデザインナイフでカンナがけして段落ちモールドとしています。

お次はプラバンでのディテールアップですね。

0.3mmのプラバンを以下の形状にカットしたものを胸部中央下と

腹部左右に貼り付けています。

スポンサードリンク



ノイエツバーク:ウイング部スクラッチ

さて、お次はノイエツバークの改造です。

前回ノイエツバーク自体を作成しましたので、今回はそれに取り付けるウイング部を作成していきます。

上の写真の箇所ですね。

まずは1.0mmのプラバンを以下の形状にカットします。

ここにエポキシパテを盛ってウイング部の形状を作っていきます。

上の写真はエポキシパテを盛って硬化した後にデザインナイフで大まかにカットした後のですね。

コレをペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてキレイな形状になるように磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

こんな感じになりました。

この後はペンサンダーのヤスリをNo.400→No.800と付け変えていきツルツルになるまで磨けばOKです。

上面のウイング部はRG同様に1.0mmのプラバンにて以下の形状にカットして作成しています。

これらのパーツを前回作成したノイエツバークにくっつけます。

うん!!

イイ感じじゃないでしょうか?

ノイエツバーク本体と左右の翼はこの後 複製していく形ですね。

ココから大変な作業が待っています(汗)

RGのときよりもノイエツバーク自体も複製する必要があるためさらに大変ですね~

スポンサードリンク



今回の改造は以上ですね。

サイズ感的には上の写真のような感じです。

結構ノイエツバーク大きめですね。

これを6個分複製してウイング部に漬けていく作業が待っています(汗)

なるべく作業が早く出来るようになんとか頑張っていきたいと思います!!

【2020/02/21】

腰部改造開始しました!!

MG版 MS(マーズスーツ) ウイングガンダム スノーホワイトプレリュード 改造 第3回目ですね。 前回の胸部に引き続き ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク