HGBD:R ガンダム G-エルス レビュー

2020年03月21日 に発売される

HGBD:R ガンダム G-エルス のレビューとなります!!

定価:2,090円(税込) となります。

・・・なぜかHGBD:R名義になっていますね?

元々はビルドダイバーズ系の外伝機のはずですが・・・

リライズにも登場予定なのでしょうか?

ともあれ、さっそくレビュー開始です~

スポンサードリンク



外箱

クロウ部からのビーム発射状態ですね。

かなりカッコイイです!!

側面です。

スポンサードリンク



説明書

HGBD:R 版のフォーマットです。

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。G-セルフからの流用ですね。

B・C・Dランナーです。コチラも流用パーツです。

Eランナー・Fランナーです。コチラも流用

Gランナーです。ついに新規ランナーです(笑)

Hランナー2枚にクリアパーツ・ホイルシール・ポリキャップです。

Hランナーも新規ですね。

スポンサードリンク



キット

まずは4面をグルリと

お次は斜めからグルリと

カトキ立ちにて

あおり目にて

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを決めて何点か

アーク君もズルいぜ

絶対に・・・ゆるさないからな  アーク・・・・君

・・・・・・王?

あ・・・・

ハード・インプロヴィゼーション!!!!

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

首部は上45度下側20度くらいと結構動きます。

左右は若干新規の肩パーツに引っかかりますが概ね問題無く一周グルリと回ります。

●胸部

前後は10度程度とあまり動きませんね。

左右も10~20程度とそれほど動きません。

腹部の形状的にも稼働に制限があり回転は出来ず45度程度しか回転しません。

●腕部

腕部は肩で90度、肘でギリギリ90度、手部はグルリと20度くらいとコチラもあまり動きません・・・

が!!

腕部新規クロー部は個別に開閉でき、元々バックパックだった翼部も可動式のためそれなりに稼働している感じには見えます。

クロー部はグリップも付いているためそれを持たせるような感じにも出来ます。

●脚部

脚部は股関節で左右160度程度開けます。足首は左右45度くらいですかね。

前は90度以上上げられますが、後ろはリアスカートが固定式のため45度くらいですね。足部は前は45度くらいとかなり曲がりますが後ろ側へは形状の関係でほぼ動きません。

コチラも新規のクローブは上の写真の前方足部のように個別に稼働します。

設置性のためだと思いますが、クローブ根本には動きを制限する凸部があり、あまり開きすぎないようになっています。

膝部は変更が無いため元々の120度程度曲がります。

ギリギリですが片膝立ちも出来ますね。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

ベースはHG G-セルフのため色分けはかなり厳しいですね・・・

耳部及び頭頂部の紫・頭部前面・ツインアイ2つはシールでの再現ですね。

バルカンは塗り分けが必要ですね。

新規パーツはフェイス部のみ変更ですが見た目がかなり変わって見えます。

ツインアイが小さくなったことが大きいですかね?

●胸部・腰部

肩部が新規のパーツですね。

元々はビームサーベルがついていた箇所です。

そこ以外は変更点は無いですね。

元々ですが腹部のピンク部がシールでの再現ですね。

●腕部

肩アーマーは丸々新規のパーツです。

また、腕部に取り付けるクロー部も新規です。

ウイング部のみ大気圏用パックのウイングが流用されています。

ビームサーベルは先端部にさせるようになっています。

肩部及び肘のピンク部がシールでの再現です。

手部は右銃持ち手・左右武器持ち手が付属します。

●脚部

スネ外側のスラスター・足部が新規ですね。

足部前側のクローは個別に稼働し、足裏にはビームサーベルを取り付けることが出来ます。

●武器類

ビームサーベル刃2本とビームライフルはG-セルフと同一の物が付いてきます。

スポンサードリンク



作成について

作成時間は1時間半くらいですね。

少し前のキットですが、作り自体はベーシックなので難しくはありません。

ビルダーズ系と言うことで追加パーツや使わないパーツがあるためその辺は初めて作る方には煩わしく感じるかな?

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は88点と言った感じです。

カッコよさ:95点

作りやすさ:85点

値段          :75点

遊びやすさ:80点

と言ったところです。

カッコよさに関しては正直ビックリレベルでかっこいいです!!

元々のG-セルフは賛否両論な所がありましたが、G-エルスは一般的な目線で見てもカッコイイ感じのキャラクター性を出しています。

イイ悪役ですね(笑)

作りやすさに関しては上でも書いているように少し古いキットがベースですが各パーツの配置が優秀なためかなり作りやすいです。

但し追加パーツの関係でパーツを探すのが少し煩わしいかもしれません。

値段については

若干お高めかな?

って感じです。

元々のG-セルフからの追加パーツ分を考えるともう少し安くても良かったんじゃないかなぁとも思えます。

まぁ許容範囲ではありますが。

ブンドドに関しては結構遊べるキットです。

ベースのキットはあまり動かないキットでしたが、新規パーツ分がかなり遊べるパーツのためポージングの幅が広がりますね。

格闘機的なポージングもはまりますのでガシガシ動かして楽しいキットです。

新規の足部と腕に取り付けるクローが少々外れやすいのが難点ですね。

結構外れます・・・

以上!!

HGBD:R ガンダム G-エルス のレビューでした~

個人的にはかなりツボなキットです!

やはりシャイニングブレイクと並べて飾りたいですよね!!

以前ワタシはシャイニングブレイクをBefore Ver.として作っていますが

HGBD ガンダムシャイニングブレイク Ver.Before 完成 完成です!! 改造中に明記したようにBeforバージョンと...

今回 G-エルスはどうしようかな?・・・・

ある程度サクッと作っていきたいとは思います。

改造自体は行いますので近いうちにお見せできると思いますので・・・

【2020/03/23】

改造開始しました!!

2020年03月21日 に発売された HGBD:R ガンダム G-エルス・・・ さっそくの改造となります。 やはり...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. () より:

    元のキットができ悪いのに全く改善せれてない所が痛すぎます、股が回らないと肘が90度程しかないもっと改善してしかったですよね

    • yoh0919 より:

      確かに肘部や膝部の可動域などは小改造である程度増やすことが出来るの、その辺を修正したG-セルフ Ver1.5的なモノになっていてくれたら嬉しかったと思いますね。
      それでも正直G-エルスは発売されないと思っていたので(シャイニングブレイク発売後、なんの音沙汰も無かったため・・・)発売されただけでも良しとします(笑)