HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター 脚部改造編 【兄さん!俺には兄さんを倒すことなんて・・・できない!】

HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター改造も今回で遂に最後となります!!

前回の腕部に続き

HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター改造第3回目は・・・ 前回の胸部に続き ...

脚部と武器類を改造します!!

意外と改造箇所多めですが一気に完成までもっていきます!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フィン取り付け

L.O.ブースター脚部の特徴ですね。

ジェミナスの膝・スネ外側・スネ後ろ側にフィンが追加された形状です。

ココはプラバンでスクラッチしようかと思ったのですが、意外と旧1/144のフィンが綺麗に取り付けられたので下の赤線部をエッチングソーにてカットし移植してしまいました。

こんな感じですね。

横から見ると

ヒザ部はそのまま膝アーマーにタミヤセメントにて接着しています。

スネ横部は増設パーツ用の凹穴があったためそこをポリパテにて埋め、ペンサンダーにて綺麗にツライチにしてから同じくタミヤセメントにて接着しています。

ポリパテを多めに凹穴に盛り付け、ポリパテが硬化したらペンサンダーNo.240のヤスリをつけてガリガリと削っていきましょう!!

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

綺麗にツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

ココにフィンを接着すれば出来上がりです。

スネ後ろのフィンはジェミナスのスラスター部を今と同様の手順にてツライチに削った箇所にタミヤセメントにて接着しています。

スポンサードリンク



その2:〇モールド変更

ジェミナスのスネ部にはマルイチ的なモールドが4つほど存在します。

L.O.ブースター時にはスラスターになるようなのでココはその1のようにペンサンダーにて削りとってコトブキヤ P114 丸モールド II の「2.5」をタミヤセメントにて接着し形状を変更しました。

こんな感じですね。

スポンサードリンク



その3:アンクルガード変更

アンクルガードは大きく形状が違うため、旧1/144からアンクルガードをエッチングソーにてカットし幅詰めして使用しています。

左右2㎜程幅詰めしていますね。

取り付け部はジェミナスの取り付け部をカットしこのアンクルガードの後ろに接着して取り付けています。

スポンサードリンク



その4:武器類 移植

軽量型アクセラレートサブマシンガンは旧1/144のモノをそのまま使用すれば問題ないと思います。

やはりかなり古いキットのため合わせ目がかなりきつめに出ていますので合わせ目消しはがっつりやらないと綺麗にならないと思います。

形状的に凹部になっている箇所はスジボリをして段落ちモールドにする方が良いと思います。

リアクティブシールドも同様ですね。

保持部のみHGAC ジェミナスのシールド保持部を移植して接続しています。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造が終了となりました!!

こうやって見ると旧1/144もかなり出来は良いですねぇ

さすがに合わせ目などはしょうがないとしてもディティールはしっかりと作られています。

さてこれから塗装に入りますが、やはり塗り分けが大変そうです(汗)

また、旧キットではワインレッドで作られている各部パーツですが、個人的にはもっと赤っぽい色のイメージが強いんですよね。

ですので設定画のような真っ赤に近い色にしていきたいと思います。

なるべく早く完成できるように頑張りますので完成まで今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク