HGUC ホワイトライダー → ジム・スパルタン(RG) 胸部改造編

HGUC ホワイトライダー → ジム・スパルタン(RG)改造第2回目です。

前回の頭部改造に引き続き・・・

プレバンより2022/02/17 に発送されたHGUC ホワイトライダー・・・ 早速改造開始します!! レビュー時にも少...

今回は胸部改造ですね!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:頭部 合わせ目消し

まずは前回残した頭部改造部ですね。

頭部上面にアンテナカット跡の穴が開いています。

ココを埋めるために頭部前後の合わせ目消しと耳部・アゴ部の後ハメ加工を行います。

ホワイトの頭部前後のパーツは赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗り30秒程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

中央のグレーの内部パーツは赤点線部にてニッパーなどでカットします。

ホワイト部のパーツは1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

頭部上面のアンテナ部の穴は瞬間接着パテにて埋め、瞬間接着剤硬化剤にて固めペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

ツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

あご部は良いのですが耳部はハメ殺しとなってしまうためこの後塗装してしまいます。

耳部もダークグレーなので埋めてしまってから塗装でも良いのですが少し明るいグレーにしてメリハリを付けます。

また、耳部の3連アンテナは1.0㎜のプラ棒にて作り直しました。

スポンサードリンク



その2:胸部形状修正

ココからメインの胸部改造です。

ジム・スパルタン(RG)の胸部は前面に追加装甲がかぶさった形状になっています。

コックピットハッチ周りも少し形状が違うため合わせて修正していきます。

まずは下の赤点線部をエッチングソーにてカットし

周りを1.0㎜及び0.5㎜のプラバンで覆っていきます。

赤点線部は1.0㎜、青点線部は0.5㎜ですね。

上の写真の赤点線部はエバーグリーン製の1.0㎜×1.0㎜のプラ棒を貼り付け少し削って上部と段差を付けています。

ここに0.3㎜のプラバンを6㎜×12㎜にカットしたものに6㎜×4㎜にカットしたものを貼り付けコックピットハッチとし、胸部上面に0.5㎜のプラバンを7㎜×7㎜にカットしたものを貼り付けてディテールとし、スジボリを設定画に合わせて追加しています。

みぞおち部の追加装甲の上にも0.3㎜のプラバンを1㎜×1㎜にカットしたmのを貼り付けていますがココはバルカンなのですかね?センサー?

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

塗装した頭部を取り付けて

こんな感じですね。

それっぽくなっています。

腰部以降も結構形状が違うため大きな改造多めですが、ここまでくれば後は何とかなる気がします・・・

それでは最後まで頑張って作成していきましょう~

【2022/03/09】

腰部改造開始しました!!

HGUC ホワイトライダー → ジム・スパルタン(RG)改造第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き・・・ 今回...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク