MG ガンダムバルバトス → MG ガンダムバルバトスルプス 胸部改造編 【使ってやるからもっとよこせ】

それでは前回の頭部改造に引き続き

それでは前回の改造方法に沿って・・・ MG ガンダムバルバトス を MG ガンダムバルバトスルプス に改造していきます!! ...

今回は胸部を ガンダムバルバトスルプス に改造していきます!!

さっそくですが改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:首部装甲 ミキシング

バルバトスとバルバトスルプスの首部装甲は大きく形状が違います。

ココのパーツはMG と1/100フルメカニクスとでも大きく違うため2つをミキシングしていきます。

ベースはMGのモノですね。

ココに形状の違うルプスのモノを貼り付けていきます。

1/100フルメカニクスの首部パーツを以下の箇所でエッジングソーにてカットします。

この時パーツ先端部をシャープ化しておきましょう。

ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けツンツンになるまで削っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツンツンになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換してツルツルになるまで磨けばOKです。

これをMG バルバトスの首部装甲にタミヤセメントでくっつけます。

MG バルバトス側の首部装甲も上の写真の位置で一部カットしています。

取り付けると以下のような形状になります。

スポンサードリンク



その2:胸部外装 取り付け

お次はメインの改造である胸部外装をルプスのものに取り換えます。

ガンダムフレームはMGのモノを使用します。

MG バルバトスの胸部中央部に使用するクリアパーツと1/100フルメカニクスの外装部をタミヤセメントでくっつけます。

こうすることでまずはルプスの外装の取り換えが出来るようになります。

クリアパーツ自体が小さく且つセメントでの接着のみだと外れやすいので、出来たら隙間にエポキシパテやモリモリ、アルテコ瞬間接着パテなどで補強してやると良いでしょう。

スポンサードリンク



その3:胸部側面部 改造

改造開始時にも書きましたが・・・

それでは昨日2019年12月21日 に発売されたMG ガンダムバルバトスと 昨日レビューした1/100 フルメカニクス...

このパーツは1/100フルメカニクスでは腕部の方についているんですよね。

今回は胸部側に付けていこうと思います。

そのままではサイズ・形状の関係で取り付けられないので、以下の箇所をエッジングソーにてカットします。

向かって左側がカット後ですね。

写真だと見えにくいですが内側のラインに沿ってカットしています。

この状態のモノを胸部ホワイトのパーツに接着します。

これにてうまく収まりました。

スポンサードリンク



その4:各部シャープ化

最後に各部をシャープ化していきます。

以下のように尖らせます。

ココはもちろんその1同様にペンサンダーにてシャープ化しています。

こうすることでかなり見た目が良くなります。

スポンサードリンク




以上にて胸部改造は終了となります。

胸部改造はMG ガンダムフレームへの外装の取り付けがキモになります。

今回はクリアパーツと1/100フルメカニクス外装を使って接続していますが、改造時にも書いていますが、形状+クリアパーツである関係でセメントで接着するのみだと接着力が弱いと思います。

しっかりと補強することがコツですね。

それでは次回は腰部改造に入ります。

【2019/12/27】

腰部改造開始しました!!

それではさっそく前回の胸部改造に引き続き 腰部を改造していきます~ 今回は多分全改造中一番簡単な改造とな...

コチラも概ね外装は交換していく必要がありますね(笑)

胸部のようにうまく外装がくっつくことを祈って・・・

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク