HGUC ディキトゥス (影のカリスト専用機) 脚部改造編 【なにっ?】

HGUC ディキトゥス (影のカリスト専用機) 改造も今回で最後です!

前回の腕部改造に続き

HGUC ディキトゥス (影のカリスト専用機) 改造第3回目は・・・ 前回の胸部・腰部改造に続き 腕部を...

残った脚部を改造していきます!

今回はそれほど改造量は多くないためサクッと終わらせていきましょう!!

さっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:もも部 メタルパイプ埋込

まずはモモ部にあるスラスター的なディティール部のディティールアップをします。

1.5㎜のピンバイスにて開口し、

面取りビットにて整え

1.5㎜のメタルパイプを埋め込んでディティールアップします。

現状は置いてあるのみですね。

接着は樹脂製の接着剤にて塗装後に行います。

スポンサードリンク



その2:スネ部シャープ化

ディキトゥスのスネ部は先端部がだいぶ丸まっています。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリをつけてシャープ化していきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800のヤスリに交換しながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:足部合わせ目消し

お次は足部の合わせ目消しを行います。

通常のガンプラならあまり目立たないのですが、「手」の形態に変形するディキトゥスでは上面に出てしまうためかなり目立ちます。

ココは瞬間接着パテを塗ってしっかりと消しておきましょう。

上の写真のように合わせ目にしっかりと瞬間接着剤パテを塗ったら瞬間接着剤硬化剤を使い固めます。

30秒程度待って瞬間接着パテが硬化しているのを確認したらペンサンダーにNo.240のヤスリをつけて丁寧に形状を整えます。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800のヤスリに交換しながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その5:ビームアックス 改造

最後は武器であるビームアックスを改造します。

と言ってもすることは簡単で上部銃口部?をメタルパイプに置き換えるのみです。

凸部を根元からカットし、1.0㎜のピンバイスにて開口し

同じく1.0㎜のメタルバルカンを埋め込んでいます。

ビームアックスはホワイト一色のため少し塗り分けして密度感を上げたいですね。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造が終了となりました!!

これから塗装に入ります。

塗装自体は塗り分けもほぼ無いですしパーツ数も少なめなためそれほど大変では無いと思いますが、今回は光のカリスト専用機も合わせて改造しているため(笑)2体まとめて塗装しちゃいます。

【2021/06/03】

完成しました!!

HGUC ディキトゥス (影のカリスト専用機)・・・ 完成です!! 通常のHGと比べればサクッと改造終わりました...

それでもそれほど時間はかからないと思いますので完成まで少しだけお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク