HGAC ガンダムアスクレプオス (旧設定Ver.) 脚部改造開始!!

HGAC ガンダムアスクレプオス 改造第5回目です。

タイミングが合って遅れてしまいましたが前回の腕部に引き続き

HGAC ガンダムアスクレプオス 改造第4回目です。 前回の腰部に引き続き 腰部と接近戦モード胸部を改造していき...

脚部を改造していきます。

今回で最後の改造ですね!

それではさっそく改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:ヒザアーマー形状変更

大きく形状が変わっているヒザアーマーです。

旧来はジェミナス同様のヒザでしたね。

余剰パーツとして入っているためソチラに変更しちゃいます。

見慣れた形状ですね(笑)

コチラの方が安心します。

スポンサードリンク



その2:追加装甲形状修正

ジェミナスからアスクレプオスになったことにより追加された装甲部は結構形状が変わっています。

まずはアンクルガードですね。

旧来はセンサー的な形状でしたが新デザインではアンクルガードが追加されています。

ココは接続部からエッチングソーにてカットします。

下側のパーツの中央部も合わせてカット、そこにWAVE を貼り付けて旧来のモールドに戻します。

また周辺の〇モールドは2.0㎜及び3.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて整えて

内側にコトブキヤ P101を貼り付けて再現します。

グレーに塗り分けるため現状はつけていません。

側面部のディテールも一部ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルに磨いておけばOKです。

このパーツは後で接着する形ですね。

合わせて後ろ側に取り付ける装甲も側面部との接続部をエッチングソーにてカットし塗装後に接着する形とします。

内側に0.2㎜のMr.ラインチゼルにて筋掘りを追加し塗装時にホワイトで塗り分けようと思います。

脚部はこんな感じにしてみました。

スポンサードリンク



その3:ジェミナス頭部作成

オマケとしてMO-Vに戻ってきた際の再現として余剰パーツのジェミナス頭部を作って再現します。

アンテナは安全対策をニッパーにてカットし

ペンサンダーにてシャープ化

バルカン部を1.5㎜のピンバイスにて開口し、同じく1.5㎜のメタルパイプを埋め込んでディティールアップします。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造は終了となります。

通常のガンダムアスクレプオスとMO-V所属との差し替えですね。

余剰パーツでこういった遊びが出来るのも良いキットです。

それではこの後塗装して完成となります。

・・・MO-V所属時の色はアンテナ中央とアゴは赤で良いのかな?

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク